リン酸化

出典: meddic

phosphorylation
基質レベルのリン酸化




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/19 21:57:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 真正粘菌変形体リン酸化ミオシン脱リン酸化酵素に関する研究(平成22年度大学院 理学研究科博士論文題目と要旨)
  • 岡田 千沙
  • 日本女子大学紀要. 理学部 19, 91-92, 2011-03-31
  • NAID 110008427695
  • P1-31-1 体細胞および雌性生殖細胞の細胞分裂におけるBrd4蛋白のリン酸化制御(Group65 生殖生理・病理・基礎1,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 丸山 哲夫,長島 隆,小田 英之,西川 明花,宮崎 薫,各務 真紀,内田 浩,青木 大輔,吉村 泰典
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 670, 2011-02-01
  • NAID 110008509434

関連リンク

リン酸化(リンさんか、英: phosphorylation)は、各種の有機化合物、なかでも特に タンパク質にリン酸基を付加させる化学反応である。この反応は、生化学の中で大きな 役割を担っており、2006年1月現在、MEDLINEデータベースのタンパク質のリン酸化 ...

関連画像

リン酸化タンパク質の同定 図. リン酸化ペプチドの化学的 電子伝達系・酸化的リン酸化 産物のリン酸化・脱リン酸化 ダイナミン / 酸化的リン酸化リン酸化オリゴ糖カルシウムが

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痛・消炎温感パップ剤

販売名

ラクール温シップ

組成

成分・含量

  • 膏体100g(700cm2)中、サリチル酸メチル1.0g、dl−カンフル0.5g、トウガラシエキス0.165gを含有する。

添加物

  • エデト酸Na、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、パラベン、D−ソルビトール、グリセリン、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、カルボキシビニルポリマー、ポリアクリル酸部分中和物、ポリアクリル酸Na、テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット、ケイ酸アルミン酸Mg、カオリン、酸化チタン

禁忌

(次の患者には使用しないこと)


  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記における鎮痛・消炎
    捻挫、打撲、筋肉痛、関節痛、骨折痛
  • 表面のプラスチック膜をはがして、患部に貼付する。
  • 1日 1〜2回使用する。

薬効薬理

  • 薬効薬理1)

抗炎症作用

  • ラットのカラゲニン足蹠浮腫抑制作用及びアジュバント関節炎抑制作用の各試験において、無処置群及び基剤群に対し高い抑制率を示し、有意な抗炎症作用が認められた。

鎮痛作用

  • ラットの炎症性疼痛に対する作用試験(Randall-Selitto法)において、無処置群及び基剤群に対し高い抑制率を示し、有意な鎮痛作用が認められた。

有効成分に関する理化学的知見

成分名

  • サリチル酸メチル

一般名

  • サリチル酸メチル(Methyl Salicylate)

化学名

  • Methyl 2-hydroxybenzoate

分子式

  • C8H8O3

分子量

  • 152.15

沸点

  • 219〜224℃

性状

  • 無色〜微黄色の液で、強い特異なにおいがある。エタノール(95)又はジエチルエーテルと混和し、水に極めて溶けにくい。

成分名

  • dl−カンフル

一般名

  • dl−カンフル(dl-Camphor)

化学名

  • (1RS,4RS)-1,7,7-Trimethylbicyclo[2,2,1]heptan-2-one

分子式

  • C10H16O

分子量

  • 152.23

融点

  • 175〜180℃

性状

  • 無色又は白色半透明の結晶、結晶性の粉末又は塊で、特異な芳香があり、味はわずかに苦く、清涼味がある。エタノール(95)、ジエチルエーテル又は二硫化炭素に溶けやすく、水に溶けにくい。室温で徐々に揮散する。

成分名

  • トウガラシエキス

一般名

  • カプサイシン(トウガラシエキスの主成分)

化学名

  • (E)-N-[(4-Hydroxy-3-methoxyphenyl)methyl]-8-methyl-6-nonenamide

分子式

  • C18H27NO3

分子量

  • 305.41

性状

  • トウガラシエキス:褐色〜赤褐色の軟エキスで、特異なにおいがあり、味はトウガラシ特有の苛烈な辛味がある。
    カプサイシン:白色の結晶で強い刺激臭がある。


★リンクテーブル★
リンク元phosphorylation」「リン酸化カスケード」「リン酸エステル化」「リン酸化反応
拡張検索cGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」「リン脂質依存性タンパク質リン酸化酵素」「自己リン酸化」「高エネルギーリン酸化合物
関連記事リン

phosphorylation」

  [★]

phosphorylate


リン酸化カスケード」

  [★]

phosphorylation cascade
リン酸化キナーゼカスケード機構


リン酸エステル化」

  [★]

phosphorylationphosphorylate
リン酸化リン酸化反応

リン酸化反応」

  [★]

phosphorylation
リン酸エステル化リン酸化

cGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cGMP-dependent protein kinase
プロテインキナーゼGサイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックGMP依存性プロテインキナーゼ

リン脂質依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

protein kinase CC-kinase
CキナーゼプロテインキナーゼCリン脂質依存性タンパク質キナーゼ


自己リン酸化」

  [★]

autophosphorylation
リン酸化


高エネルギーリン酸化合物」

  [★]

high-energy phosphate compound



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡