リン酸ジメモルファン

出典: meddic

ジメモルファン

関連リンク

アストミンとは?ジメモルファンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
リン酸ジメモルファン製剤で始まる薬の検索結果。アストミン,ホフバン - goo薬検索では、約7000の薬剤の成分や効能(効果)、正しい服用法・使用法、副作用などが調べられます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 非麻薬性鎮咳剤

販売名

ホフバン錠10mg

組成

有効成分の名称

  • ジメモルファンリン酸塩

含量

  • 1錠中ジメモルファンリン酸塩10mg

添加物

  • 乳糖水和物、トウモロコシデンプン、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、二酸化ケイ素、白糖、タルク、マクロゴール、ヒプロメロース、酸化チタン、カルナウバロウ

効能または効果

下記疾患に伴う鎮咳

  • 上気道炎、肺炎、急性気管支炎、肺結核、珪肺および珪肺結核、肺癌、慢性気管支炎

ホフバン錠10mg

  • 通常、成人(15才以上)には1回1〜2錠(ジメモルファンリン酸塩として10〜20mg)を1日3回経口投与する。
    但し、年齢、症状により適宜増減する。

ホフバン散10%

  • 通常、成人(15才以上)には1回0.1〜0.2g(ジメモルファンリン酸塩として10〜20mg)を1日3回経口投与する。小児(8〜14才)には1回0.1g(ジメモルファンリン酸塩として10mg)を1日3回経口投与する。但し、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 糖尿病又はその疑いのある患者[耐糖能に軽度の変化を来たすことがある。]
  • 薬物過敏症の患者

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ジメモルファンリン酸塩(Dimemorfan Phosphate)

化学名

  • (9S ,13S ,14S )-3,17-Dimethylmorphinan monophosphate

分子式

  • 1825N・HPO

分子量

  • 353.39

融点

  • 約265℃(分解)

性状

  • 白色〜微黄白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    酢酸(100)に溶けやすく、水又はメタノールにやや溶けにくく、エタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元dimemorfan phosphate
関連記事メモ」「リン」「ジメモルファン」「」「リン酸

dimemorfan phosphate」

  [★]

  • リン酸ジメモルファン
dimemorfan


メモ」

  [★]

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%83%A8-%EF%BE%85%EF%BE%8C-150-KOKUYO-%E3%83%8A%E3%83%95-150-%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%B0%E5%90%8D%E6%9C%AD%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E4%B8%A1%E7%94%A8%E5%9E%8B%E5%90%8D%E5%88%BA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E7%94%A8%E3%83%A8%E3%82%B3%E5%9E%8B%E6%9C%AC%E4%BD%93R-PP/dp/B000NNK5A4/ref=sr_1_22?ie=UTF8&qid=1338660835&sr=8-22


解剖学用語について-改訂を検討中

  • 椎骨の呼び方をを略しています。学術的には正しくないです。
第1頚椎  → C1椎体
第10胸椎 → T10椎体
第3腰椎  → L3椎体
  • 脊髄の呼び方を略しています。学術的には正しくないです。
第8頚髄  → C8脊髄
  • 脊髄神経から出る神経の呼び方を略しています。学術的には正しくないです。
第4腰神経 → L4神経

ツール

確認

要学習

リンク

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






ジメモルファン」

  [★]

dimemorfan
リン酸ジメモルファン dimemorfan phosphate
アストミンジメモルミンホフバン



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡