リンパ造影

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • WS1-15 肝胆道癌のセンチネルリンパ節(SN)の基礎研究経肝的腹腔リンパ造影によるSN検出の試み
  • 寺本 研一,川村 徹,猪狩 亨,野坂 俊壽,五関 謹秀,岩井 武尚
  • 日本消化器外科学会雑誌 33(7), 891, 2000-07-01
  • NAID 110001337842

関連リンク

心臓カテーテル造影検査法では、通常、静脈を切開してセルジンガー法でカテーテルを挿入する。 画質を重要視するため、小口径I.I.を用いる。 左心室造影像から駆出率や拡張と収縮期の左室容積の解析ができる。 心臓シネ撮影では ...
リンパ管造影とは、リンパ系に何らかの異常が認められる際、その部位を特定するために行われる検査方法の一つで特殊な造影剤を注入し、それをX線で撮影する事でリンパの異常を視覚的に捉える方法です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元リンパ管造影
関連記事リン」「造影」「リンパ」「

リンパ管造影」

  [★]

lymphangiography, lymphography
lymphangiographia
リンパ管造影法?、リンパ造影リンパ節造影 lymphography



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





造影」

  [★]

imaging
イメージング画像処理画像診断造影法画像法

リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節


影」

  [★]

shadow
陰影




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡