リンパ系幹細胞

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫グロブリン遺伝子の多様性獲得機構と、B細胞性リンパ腫解析への応用
  • 今 信一郎
  • 2004
  • … 免疫グロブリン遺伝子に再構成が発生することによりリンパ系幹細胞はB細胞へと分化する。 …
  • NAID 120001795309
  • リンパ系幹細胞の発生障害--重症複合免疫不全症(SCID)-g-プリンヌクレオシドホスホリラ-ゼ欠損を伴う選択的細胞性免疫不全症 (先天性代謝病・免疫病ハンドブック) -- (免疫の先天性異常(原発性免疫不全症候群))
  • リンパ系幹細胞の発生障害--重症複合免疫不全症(SCID)-f-Nezelof症候群 (先天性代謝病・免疫病ハンドブック) -- (免疫の先天性異常(原発性免疫不全症候群))

関連リンク

大もとの造血細胞から分かれて骨髄系とリンパ系へ 骨髄の中で、大もとの造血細胞( 全能性造血幹細胞)は、骨髄系幹細胞とリンパ系幹細胞に分かれて行きます。 大もとの 全能性造血幹細胞は次に育つだけでなく、自分を複製する能力もあって、常に造血の ...

関連画像

 領域 リンパ系幹細胞造血幹細胞 とその細胞系譜幹細胞から分化したリンパ系幹  に張りめぐらされたリンパ系間葉系幹細胞 (Mesenchymal stem cell


★リンクテーブル★
リンク元多能性幹細胞
関連記事リン」「幹細胞」「リンパ」「細胞

多能性幹細胞」

  [★]

pluripotent stem cell
骨髄系幹細胞リンパ系幹細胞


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





幹細胞」

  [★]

stem cell, stem cells
造血幹細胞

特徴

参考.1
  • 1. 多分化能:複数系統の細胞に分化できる。
  • 2. 自己複製能:細胞分裂を経ても多分化能を維持できる。
  • 3. 分化を抑制する遺伝子の発現
  • 4. テロメラーゼの発現
  • 不死細胞ではない。哺乳類の造血幹細胞では、一生の間に行う分裂は80-200回とされている?

細胞分裂の特徴

  • 分裂により2つの異なる細胞ができる:別の種類の細胞に分化したもの。同じ分化能を維持したもの。

参考

  • 1.


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡