リンパ節増殖症

出典: meddic

lymph node hyperplasia
リンパ節過形成
  • 傍皮質の過形成:paracortical lymphoid hyperplasia
  • hyperplasia of the interfollicular zones, which are predominantly populated by T-cells. This change is seen in response to phenytoin, viral infections, and antiviral vaccinations.

和文文献

  • 生検により悪性リンパ腫と鑑別することのできた頸部Castleman病の一症例
  • 根本 一成,長谷川 嗣夫,長谷川 重夫
  • 月刊地域医学 25(2), 168-170, 2011-02
  • NAID 40018722655
  • 腎臓に限局した硝子血管型Castleman病の1例
  • 金子 智之,小串 哲生,朝蔭 裕之,北村 唯一
  • 日本泌尿器科學會雜誌 99(4), 597-600, 2008-05-20
  • 症例は59歳,女性.肺炎にて入院中にCTにて左腎腫瘍を指摘された.CT,MRIにて左腎背側に径1.5cmの造影効果を伴う腫瘍を認めた.左腎細胞癌が疑われ,左腎部分切除術を施行した.病理組織検査にて,硝子血管型のCastleman病と診断された.腎臓に限局したCastleman病は稀であるが,腎腫瘍の鑑別診断として考慮すべき疾患のひとつと考えられた.
  • NAID 110006685289

関連リンク

ALPSにおける最も特徴的な症状は、持続的なリンパ節腫大、脾腫ならびに肝腫です。ただし、リンパ節腫大や脾腫は多様な急性感染症、あるいはリンパ系悪性腫瘍でしばしば認められる症状であることから、これらの疾患を厳密に除外 ...
自己免疫性リンパ増殖症候群Autoimmue lymphoproliferative syndrome (ALPS)はアポトーシス(細胞死)の障害によりリンパ球の増殖を示し、肝脾腫、リンパ節腫脹が起こり、自己免疫疾患を合併する症候群である。またリンパ性腫瘍の発症頻度が ...

関連画像

悪性腫瘍plasmacytoid cell、形質細胞が増殖 IgG4関連リンパ節症 | 病理検査 病理所見(左鼠径リンパ節)IgG4関連リンパ節症 | 病理検査  好酸球性硬化性線維増殖症-2

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事リン」「増殖」「」「リンパ

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





増殖」

  [★]

proliferation, growth
繁殖
過形成肥大



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡