リンパ管形成術

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 下肢リンパ誘導術後, 急性増悪をきたした原発不明皮膚転移癌の1例
  • 木村 哲也,千葉 幸夫,井隼 彰夫,森岡 浩一,上坂 孝彦,村岡 隆介
  • 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery 8(1), 51-55, 1999-02-20
  • NAID 10013190671

関連リンク

関連画像

形状・構造及び原理等咽頭・喉頭 (頭頚部)大阪大学大学院医学系研究科 本品は7mmまでの血管、リンパ管  ICG蛍光リンパ管造影所見の変化


★リンクテーブル★
関連記事リン」「形成」「」「形成術」「管形成

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


形成術」

  [★]

plastic operation、(suf)plasty
形成手術形成法


管形成」

  [★]

tube formationtubulogenesistubulation
管腔形成




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡