リンパ球活性化因子

出典: meddic

lymphocyte activating factor LAF


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Bリンパ球活性化因子<特集>
  • ヒトのBリンパ球活性化因子の研究-2-非特異ヘルパ-因子の物理化学特性
  • 小川 博遊,桜美 武彦,井村 裕夫
  • 内科宝函 29(10), p589-594, 1982-10
  • NAID 40002766378
  • ヒトのBリンパ球活性化因子の研究-1-非特異ヘルパ-因子の産生と生物学的特性
  • 小川 博遊,桜美 武彦,井村 裕夫
  • 内科宝函 29(10), p581-588, 1982-10
  • NAID 40002766377

関連リンク

Fcレセプタ-ににIgGが結合すると好中球の活性化が起こり、さらに強い貪食能を発揮するとともに、組織障害性をもつ活性酸素を産生するようになります。 ※ 肺炎球菌は細胞の表面に莢膜(きょうまく)を持っていて、抗体が捕まえる ...
Bリンパ球活性化因子<特集> この論文をさがす NDL-OPAC CiNii Books 収録刊行物 臨床免疫 臨床免疫 16(7), p527-583, 1984-07 科学評論社 Tweet 各種コード NII論文ID(NAID) : 40003802075 NII書誌ID(NCID) : AN00254017 本文言語 ...

関連画像

第5回 活性化されたT細胞の機能 のほか細胞膜には走化因子,補 内皮細胞 - endothelial cellプラーク形成-血管平滑 接着した白血球は、血管外の 血小板活性因子構造式


★リンクテーブル★
関連記事リン」「活性化」「活性」「活性化因子」「リンパ

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





活性化」

  [★]

activationactivateturn onactivated
賦活賦活化活性化型オンにする



活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


活性化因子」

  [★]

activatoractivating factor
アクチベーター


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡