リンパ球幼若化現象

出典: meddic

lymphoblastogenesis
リンパ球芽球化 lymphocyte blastoid formation
リンパ球幼若化試験リンパ球



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 薬疹におけるリンパ球幼若化現象
  • リンパ球幼若化現象におけるヒトTransfer Factorの増幅効果および標的細胞の検討
  • 岡田 昌彦
  • アレルギー 31(2), 69-80, 1982-02-28
  • transfer factorのin vitroにおける生物学的活性をlymphocyte transformationの系を用いて検討した.ヒトperipheral blood mononuclear cellsよりプラスチックシャーレ, nylon wool columnを用いて付着細胞を除去して得たT細胞を, TFでパルス後レクチン存在下でLTを測定することにより, はじめて安定したLT増幅 …
  • NAID 110002412609

関連リンク

記事「リンパ球幼若化現象」に関する感想・その他のコメントはこちらで。 記事の編集に関わる議論・質問は「リンパ球幼若化現象」の掲示板でお願いします。
Translations of リンパ球幼若化現象. リンパ球幼若化現象 synonyms, リンパ球幼若化現象 antonyms. Information about make in the free online Japanese dictionary and encyclopedia SEADICT.COM online dictionary English French ...

関連画像

リンパ球幼若化が実現すると 免疫記憶


★リンクテーブル★
先読みリンパ球」「リンパ球幼若化試験
リンク元リンパ球幼若化」「リンパ球芽球化」「lymphoblastogenesis
関連記事リン」「現象」「幼若」「リンパ

リンパ球」

  [★]

lymphocyte (Z)
リンパ細胞免疫細胞 immunocytes


  • 白血球の一種で、無顆粒球に分類される。
  • 末梢血に白血球が4000-9000 /μl存在するとすれば、リンパ球の存在比は26-46.6 %といわれているので、リンパ球は1040-4194 /μl存在。(IMD)

種類

細胞膜上に発現しているリガンド? (2007前期生理学授業プリント)

    αβTCR TCR Ig CD3 CD4 CD8 CD16 CD56
T細胞 ○             
 Tc細胞          
 Th細胞          
B細胞               
NK細胞            

成長とリンパ球・好中球数(PED.703)

  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。



リンパ球幼若化試験」

  [★]

lymphocyte transformation test
リンパ球芽球化試験
see also LAB. 782
  • リンパ球と特異抗原やマイトジェンと混合培養し、大型の細胞(芽球)に変化して増殖する活性をみる試験。
  • リンパ球機能の評価、特異抗原に対する感作状態を知ることができる。
  • 高値:アレルゲンや薬物に対して感作状態。自己免疫疾患など
  • 低値:免疫抑制薬や抗炎症薬の投与下。抗悪性腫瘍薬や放射線療法による免疫不全状態。先天性免疫不全症/後天性免疫不全症



リンパ球幼若化」

  [★]

lymphocyte transformationblastoid transformation
芽生生殖リンパ球活性化芽細胞化リンパ球刺激
リンパ球幼若化現象


リンパ球芽球化」

  [★]

lymphocyte blastoid formation
リンパ球幼若化現象


lymphoblastogenesis」

  [★] リンパ球幼若化現象


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象


幼若」

  [★]

juvenile
若年若年型若年性若齢


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡