リンパ洞

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/06 16:54:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Sinus pattern を呈する疾患 : リンパ洞増生をきたす疾患
  • 抗原刺激に伴うリンパ洞及び洞周囲領域の病態
  • 藤野 雅彦,伊藤 雅文,中川 温子,浅井 淳平
  • 日本網内系学会会誌 36(3), 187-200, 1996-09-30
  • NAID 10011348028

関連リンク

リンパ洞(リンパどう、英:lymphatic sinus)とはリンパ節の被膜や小柱と実質リンパ組織との間に存在するリンパ流路となる間隙。細網線維と細網細胞によりクモの巣状の構造を示す。リンパ洞内に異物が侵入すると、リンパ節実質から ...
リンパ洞や、その関連情報についてまとめたページ。ネットでの調査結果を元に、情報をまとめています。 ... イラク日本人青年殺害事件イラクにほんじんせいねんさつがいじけんとは2004年10月に発生した、国際的テロ集団である ...

関連画像

リンパの濾過リンパ洞輸出リンパ管リンパ洞

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元中間洞」「髄洞
関連記事リン」「」「リンパ

中間洞」

  [★]

intermediate sinus (Z)
  • リンパ節の中間洞
intermediate sinus
リンパ洞

髄洞」

  [★]

medullary sinus (Z)
  • リンパ節の髄洞
medullary sinus
リンパ洞


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





洞」

  [★]

sinusantrumantraantral
幽門洞洞性

リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡