リンゴ酸酵素

出典: meddic

[[]]
malic enzyme
[[]]


malic enzyme

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 水を反応媒体としたリンゴ酸酵素-亜鉛クロリン系によるピルビン酸および炭酸水素イオンを原料とした光化学的リンゴ酸合成
  • 天尾 豊,石川 満枝
  • Journal of the Japan Petroleum Institute 50(5), 272-277, 2007-09-01
  • Photochemical and enzymatic synthesis of malic acid from pyruvic acid and HCO3- was studied with malic enzyme (ME) and NADP+ photoreduction with ferredoxin-NADP+-reductase (FNR) by visible light photo …
  • NAID 10020087377
  • 3A12-2 紅色非硫黄細菌Rhodopseudomonas palustris No.7からのリンゴ酸酵素の精製と諸性質(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演)
  • 佐藤 育男,古沢 安紀子,天知 誠吾,篠山 浩文,藤井 貴明
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成16年度, 115, 2004-08-25
  • NAID 110007320708
  • パーコール法で純化したKalanchoe daigremontiana(コダカラベンケイソウ)のミトコンドリアにおける基質酸化特性
  • ホアン チ キム ホン/野瀬 昭博/東江 栄,野瀬 昭博,東江 栄
  • 佐賀大学農学部彙報 89, 121-129, 2004-03
  • … 純化したミトコンドリアにおいて、高いリンゴ酸脱水素酵素(MDH)、NAD及びNADP依存リンゴ酸酵素(ME)活性が認められ、MDH活性はNAD-ME活性より25倍以上高かった。 …
  • NAID 110000452530

関連リンク

栄養・生化学辞典 リンゴ酸酵素の用語解説 - →リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸) ... DHCの酵素ドリンク ダイエット・美容に注目される酵素に 食物繊維・コエンザイムQ10を追加配合 www.dhc.co.jp/ サントリーの ...
リンゴ酸 リンゴ酸は、リンゴの酸味の成分で、このリンゴ酸はクエン酸サイクルの働きを活発にします。 人は、食物として摂取した糖質をエネルギーに変換して活動しています。 糖質は、酵素・ビタミンB1・酢によってエネルギーに ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元リンゴ酸デヒドロゲナーゼ
関連記事酵素」「リン

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ」

  [★]

malate dehydrogenase
リンゴ酸酵素
リンゴ酸脱水素酵素


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡