リンゴ酸

出典: meddic

malic
malate malic acid


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/10 13:29:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スニチニブリンゴ酸塩 (医薬品・医療機器等安全性情報(No.282)) -- (重要な副作用等に関する情報)
  • 1Jp16 清酒もろみから分離したリンゴ酸高生産清酒酵母の特性(醸造学・醸造工学,一般講演)
  • 大場 孝宏,末永 光,中山 俊一,満生 慎二,北垣 浩志
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 (63), 65, 2011-08-25
  • NAID 110008911144

関連リンク

リンゴ酸(林檎酸、リンゴさん、malic acid)とはヒドロキシ酸に分類される有機化合物の一種。 リンゴ酸の和名はリンゴから見つかったことに由来する。示性式は HOOC-CH(OH)-CH 2-COOH、分子量は 134.09。IUPAC置換命名法では 2 ...
楽天市場-「リンゴ 酸」検索結果です。楽天市場は、セールや送料無料など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト・オンラインショッピングコミュニティです。(標準順 写真付き一覧) ... 【 送料無料 ・ 特価6本セット】 ビオネU ...
Kindle Kindle Paperwhite 最も先進的な電子書籍リーダー Kindle Paperwhite 3G 無料3G接続付きモデル Kindle Fire ウェブ、アプリ、音楽、ゲーム、本 Kindle Fire HD HDディスプレイ、ドルビーオーディオ、高速Wi-Fi Kindle Fire HD 8.9 8.9 ...

関連画像

リンゴ酸 malic acid図5-7 マロン酸とリンゴ酸リンゴ酸 malic acidリンゴ酸の画像一覧 - 原寸画像 リンゴ酸 - Malic acidフマル酸の水和


★リンクテーブル★
リンク元オキサロ酢酸」「malic」「リンゴ酸塩」「リンゴ酸エステル
拡張検索リンゴ酸・アスパラギン酸シャトル」「ピルビン酸・リンゴ酸回路」「リンゴ酸シンターゼ
関連記事リン」「

オキサロ酢酸」

  [★]

oxal
oxaloacetate, oxaloacetic acid, OAA
TCA回路

命名

  • オキサロ oxal- は「シュウ酸の」という接頭辞。HOOC-CO-(シュウ酸の部分) + -CH2-COOH(酢酸の部分)ということで命名されたと思われる。

構造

HOOC-CO-CH2-COOH

機能

  • 1. 糖新生の中間代謝産物:ミトコンドリアで起こる
  • ピルビン酸からオキサロ酢酸へ
CH3-CO-COO- + ATP + CO2 -(ピルビン酸カルボキシラーゼ)→ HOOC-CO-CH2-COOH + Pi
  • オキサロ酢酸からホスホエノールピルビン酸へ
HOOC-CO-CH2-COOH + GTP -(PEPカルボキシキナーゼ)→ CH2=C(OPO320)-CO-OH + GDP + CO2
オキサロ酢酸が脱炭酸されると共鳴安定化したエノレート陰イオンが生じ、その酸素がGTPのγリン酸基を攻撃してPEPとGDPができる(FB.308)
  • 2. クエン酸回路の代謝産物:ミトコンドリアで怒る
マレイン酸 + NAD+ -(malate dehydrogenase)→ オキサロ酢酸 + NADH + H+
オキサロ酢酸 + アセチルCoA -(citrate synthase)→ クエン酸 + HS-CoA

糖新生



malic」

  [★]

ラテン語 malum = apple
  • adj.
  • リンゴの。(生化学)リンゴ酸

リンゴ酸塩」

  [★]

malate
リンゴ酸リンゴ酸エステル


リンゴ酸エステル」

  [★]

malate
リンゴ酸リンゴ酸塩

リンゴ酸・アスパラギン酸シャトル」

  [★]

malate-aspartate shuttle
リンゴ酸・アスパラギン酸回路 malate-aspartate cycle、リンゴ酸回路 malate shuttle



ピルビン酸・リンゴ酸回路」

  [★]

pyruvate-malate cycle
ピルビン酸リンゴ酸


リンゴ酸シンターゼ」

  [★]

[[]]
malate synthase
[[]]
malate synthase


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡