リポタンパク

出典: meddic

リポ蛋白

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/15 13:04:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児脂質代謝異常症のスクリーニング
  • リポタンパク代謝調節にかかわる新規遺伝子座 (代謝) -- (臨床分野での進歩)
  • 小関 正博
  • Annual review. 糖尿病・代謝・内分泌, 116-121, 2015
  • NAID 40020368551
  • エイコサペンタエン酸エチル(EPA-E)の生体内動態保
  • 荻原 琢男,畑野 泰子
  • 脂質栄養学 24(1), 21-32, 2015
  • Eicosapentaenoic acid ethyl ester (EPA-E) with a high degree of purity is marketed as a medical supply. In vivo pharmacokinetics of EPA-E is examined in detail via animal experiments. Orally administe …
  • NAID 130005068521

関連リンク

リポタンパク質 リポタンパク質 脂質は油であるため、水に溶けることができない。そのため、脂質を血液中に溶かすための特別な輸送系が必要となる。これがリポタンパクであり、脂質はアポタンパクと結合してリポタンパクとして ...
・中性脂肪 脂肪細胞の中に貯蔵され、体を動かすためのエネルギー源となる。 主にカイロミクロン(乳状脂粒)やVLDL(超低比重リポタンパク)によって全身の筋肉組織や脂肪組織に運ばれ、そこで貯蔵されエネルギー源として ...

関連画像

major Classes and 20 Subclasses of 高脂血症で注意したいのが  (リポタンパクの変化やさしいコレステロールのお話リポ蛋白は、脂質構成など リポタンパク代謝


★リンクテーブル★
リンク元リポ蛋白」「リポ蛋白(a)」「血漿リポタンパク
拡張検索アポリポタンパクA-II」「非高密度リポタンパク質コレステロール
関連記事リポ

リポ蛋白」

  [★]

lipoprotein, LP
リポ蛋白質リポタンパクリポタンパク質リポプロテイン
アポリポ蛋白脂質異常症血漿リポタンパクリポプロテイン(a)
  • WIL.1595
密度
(g/mL)
電気移動度 産生部位 組成 主なアポ蛋白  




AI AII AIV B48 B100 CI CII CIII E apo(a)
Chylomicrons < 0.95 Origin 85            
Chylomicron remnants <1.006 Origin 60 20                    
VLDL <1.006 Pre-β 肝臓 55 20              
IDL 1.006-1.019 β VLDL由来 35 25                    
LDL 1.019-1.063 β IDL由来 60 5                      
HDL 1.063-1.210 α 肝臓、腸、血漿 5 20 25 50        
HDL2 1.063-1.125 α                              
HDL3 1.125-1.210 α                              
Lp(a) 1.050-1.090 α 肝臓 5 60                    
  • IDLをpre-Bとする文献もある。
WIL TABLE 36-3
リポ蛋白 AI AII AIV AV B100 B48 CI CII CIII E apo(a) D
平均血漿濃度 (mg/dL) 130 40 40 <1 85 Variable 6 3 12 5 Variable 10
染色体 11 1 11 11 2   19 19 11 19 6 3
分子量(kDa) ∼29 ∼17 (dimer) ∼45 39 ∼513 ∼241 ∼6.6 8.9 8.8 ∼34 ∼400-800 ∼20
ペプチドの長さ(a.a.) 243 77 376 343 4536 2152 57 79 79 299 4000-6000 169
主な合成部位 肝臓
小腸
肝臓 小腸 肝臓 肝臓 小腸 肝臓 肝臓 肝臓 肝臓

皮膚
精巣
脾臓
肝臓 肝臓
小腸
主な機能 ・HDLの構造蛋白
・LCATのCofactor
・コレステロールの逆転送に重要
・apo-Eの受容体への結合を妨げる
(E-AII複合体形成による)
・細胞からのコレステロールの流出を促進する
・LCATの活性化
・小腸からの脂質分泌を促進
・LPLを介した脂質分解の活性化
・肝でのVLDL合成を妨げる?
・VLDL・LDLの構造蛋白
・LDL受容体のリガンド
・カイロミクロンの構造蛋白 ・レムナントの受容体への結合を調節する
・LCATを活性化する
LPLのcofactor ・レムナントの受容体への結合を調節する
・LPLを阻害する
・LDLとレムナント受容体のリガンド
・局所の脂質の再配分
・コレステロール逆転送(apo-EをもったHDL)
血栓形成と線維素溶解を調節する LCATの活性化?
  • Functions and interrelationships of different classes of plasma lipoproteins

PNAS 1969 64:1128-1137

リポ蛋白の構成 QB CBT vol.1 p.140

  • コレステロールが多いのがLDL。トリグリセリドが除去されることでVLD L→ IDL → LDL
  • HDLは蛋白質が多い。HDLは末梢からコレステロールの逆転送のいわばキャリアーとなる。


参考

  • 1. リポ蛋白・コレステロールの代謝マップ
[display]http://www.jokoh.com/dandi/taisya.gif



リポ蛋白(a)」

  [★]

lipoprotein (a), lipoprotein(a) Lp(a)
リポ蛋白Aリポタンパク質(a)リポプロテイン(a)
LDLHDL
[show details]



  • リポタンパク質の一つ。密度で分画したときに出現する。
  • LDLにアポリポタンパク質Bを介してアポリポタンパク質(a)が結合している。
  • 動脈硬化の危険因子とされる
  • 血中濃度:は糖尿病↑、腎疾患↑、高中性脂肪血症↓、HMG-CoA reductase→、ニコチン酸系薬



血漿リポタンパク」

  [★]

plasma lipoprotein
リポタンパク


アポリポタンパクA-II」

  [★]

apolipoprotein A-II
ア・リ・蛋白A-II、ア・リ・タンパク質A-II、ア・リ・蛋白質A-II


非高密度リポタンパク質コレステロール」

  [★]

non-high-density lipoprotein cholesterol
非高比重リポ蛋白コレステロール


リポ」

  [★]

lipo
脂肪




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡