リボース5-リン酸

出典: meddic

ribose 5-phosphate, R5P
ペントースリン酸回路



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高尿酸血症とメタボリックシンドローム
  • 市田 公美
  • 日本薬理学雑誌 136(6), 321-324, 2010
  • … いる.このNADPHの供給のためペントースリン酸経路が亢進し,その中間代謝物であるリボース-5-リン酸が増加する.それにより,プリン体のde Novo合成系が亢進し高尿酸血症をきたす.また同時に,遊離脂肪酸が増加し,肝臓でのインスリン抵抗性が惹起され,インスリンに制御されている酵素活性の低下を介し,ホスホリボシルピロリン酸の合成が亢進し,プリン体の生合成系 …
  • NAID 130000410257
  • 1F11-5 位置特異的アミノ酸飽和変異による2-デオキシリボース-5-リン酸アルドラーゼの基質特異性改変(酵素学,酵素工学,タンパク質工学,一般講演)
  • 木村 昌博,則武 智哉,河原崎 泰昌,岩崎 雄吾,吉田 洋一,中野 秀雄
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成18年度, 94, 2006-08-03
  • NAID 110007322300

関連リンク

リボース-5-リン酸(リボース-5-リンさん、英: Ribose 5-phosphate, R5P)は、 ペントースリン酸経路で作られる中間体の一つ。リボース-5-リン酸イソメラーゼによって リブロース-5-リン酸から作られ、 トランスケトラーゼによってセドヘプツロース-7-リン酸と グリセル ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みR5P」「ペントースリン酸回路
リンク元ヒポキサンチン・グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ」「グルコース6-リン酸」「ペントースリン酸経路」「5-ホスホリボシル1α-二リン酸」「イノシトール一リン酸
関連記事リン」「」「リン酸」「リボース

R5P」

  [★] リボース5-リン酸 ribose 5-phosphate

ペントースリン酸回路」

  [★] ペントースリン酸経路

ヒポキサンチン・グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ」

  [★]

hypoxanthine-guanine phosphoribosyltransferase HGPRT
ヒポキサンチングアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ,ヒポキサンチン-グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ
ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ hypoxanthine phosphoribosyltransferase, HPRT
アデニンホスホリボシルトランスフェラーゼ APRT
  • プリンヌクレオチド合成系路におけるサルベージ経路で機能する ⇔ de novo経路(リボース5-リン酸から始まるプリン合成系路)
  • 以下の反応を触媒。
ヒポキサンチン + PRPP ←(HGPRT)→ IMP + PPi
グアニン    + PRPP ←(HGPRT)→ GMP + PPi
アデニン    + PRPP ←(APRT)→ AMP + PPi

臨床関連


グルコース6-リン酸」

  [★]

glucose 6-phosphate, G6P, G-6-P
グルコース-6-リン酸 glucose-6-phosphate
グルコース1-リン酸グルコース解糖系糖新生


グルコース6-リン酸の運命(G6P) (FB.451)

  1. グルコース
  2. グリコーゲン
  3. リボース5-リン酸(R5P)
  4. アセチルCoA

解糖

酵素

グリコーゲン分解

糖新生

臨床関連



ペントースリン酸経路」

  [★]

pentose phosphate pathway, PPP, pentose phosphate cycle
五炭糖リン酸回路ヘキソース一リン酸回路 hexose monophosphate pathwayhexose monophosphate shunt HMP shunt、ワールブルグ・ディケンズ経路 ワーブルグ・ディッケンズ経路 Warburg-Dickens pathwayホスホグルコン酸経路?? phosphogluconate oxidative pathway??
解糖系


  • NADPHリボース5-リン酸を産生する経路

臨床関連



5-ホスホリボシル1α-二リン酸」

  [★]

phosphoribosylpyrophosphate,5-phosphoribosyl 1-pyrophosphate ,PRPP
5-ホスホリボシル1-ピロリン酸ホスホリボシルピロリン酸 phosphoribosyl pyrophosphate5-ホスホリボシル1-二リン酸 5-phosphoribosyl 1-diphosphate
  • D-リボース5-リン酸より合成される


イノシトール一リン酸」

  [★]

inositol monophosphate, IMP
イノシトールリン酸, イノシトール1リン酸

IMPの生合成

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67


リボース」

  [★]

ribose
RNA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡