リボヌクレオシド

出典: meddic

ribonucleoside



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/27 00:10:50」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • サケ白子由来デオキシリボヌクレオシドーリン酸(dNMP)の肌質改善効果
  • 許 慈芳,王 銘富,山本 茂 [他]
  • 日本化粧品技術者会誌 43(3), 209-216, 2009-00-00
  • NAID 40016851771
  • P017 8-OH-dG,8-OH-Guo(リボヌクレオシド),8-OH-Gua(遊離塩基)の魚加工食品中からの検出(ポスターセッション)
  • 葛西 宏,河井 一明,Svoboda Peter
  • 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集 (35), 97, 2006-11-10
  • NAID 110006825479
  • 2'-デオキシリボヌクレオシドおよびDNAの工業生産 : 微生物のヌクレオシド分解代謝の逆反応を利用した効率的なプロセスに期待
  • 小川 順,堀之内 伸行,清水 昌
  • 化学と生物 44(9), 582-584, 2006-09-01
  • NAID 10018069462

関連リンク

リボヌクレオシドとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 リボヌクレオシドとは - goo Wikipedia (ウィキペディア) gooトップ サイトマップ スタートページに設定 RSS ヘルプ メニューへ ...
ヌクレオシド 核酸の構成単位になる低分子化合物。ピリミジン塩基またはプリン塩基と糖とがN-グリコシド結合したもの。糖がリボースのときはリボヌクレオシド,デオキシリボースのときはデオキシリボヌクレオシドといわれる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元アデノシン」「ribonucleoside
拡張検索リボヌクレオシド二リン酸レダクターゼ」「5-アミノイミダゾール-4-カルボキサミドリボヌクレオシド」「デオキシリボヌクレオシド三リン酸
関連記事ヌクレオ

アデノシン」

  [★]

adenosine
6-アミノ-9-β-D-リボフラノシル-9H-プリン, Ado
Adenocard
プリンヌクレオチド


  • リボヌクレオシドのうちアデニンを塩基として持つもの

神経伝達物質

代謝産物

  • 運動により筋肉より乳酸、二酸化炭素と共に放出され、筋血管の拡張を引き起こす


薬理

概念

  • 海外では上室性頻拍の薬物治療として用いられる。日本ではATPが用いられる。(用量:ATP 10mg⇔アデノシン6mg (改訂3版 救急蘇生法の指針 2005 医療従事者用))

構造

作用機序

  • アデノシンを結合するGタンパク質共役型受容体に結合→心房、洞房、房室結節でアセチルコリン感受性のK電流を増加→膜の過分極→活動電位持続時間を短縮。
  • Ca電流を減らす

薬理作用

心血管における作用
SP.590

適応

  • 上室性不整脈 (GOO.917)
  • first drug for most forms of stable narrow-complex SVT. Effective to reentry involving AV node or sinus node. AF, AFL, VTは適応外。(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)

用法

  • 上室性頻拍:
  • ACLS:アデノシン6mgを急速静注(1-3秒)、次いで生食を20ml入れる。その後、注射した肢を挙上。必要があれば2回目の投与は12mgを1-2分かけて静注。(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • PALS:1回目 0.1mg/kgを急速静注/骨髄内投与(max 6mg) 2回目 0.2mg/kgをを急速静注/骨髄内投与(max 12mg)

禁忌

  • 薬剤誘発性の頻拍、二度房室ブロック、三度房室ブロック(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)

注意

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • テオフィリン・カフェインを摂取・投与されている場合、効果が低下する。
  • ジピリダモール、カルバマゼピン、心臓移植、あるいは中心静脈ルートが確保されている患者では投与量を3mgとする。

副作用

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • SVT後に洞徐脈、心室異所性調律(ventricular ectopy)が出現することが多い(common)。

妊婦

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • 投与可能


ribonucleoside」

  [★]

リボヌクレオシド


リボヌクレオシド二リン酸レダクターゼ」

  [★]

ribonucleoside diphosphate reductase
リボヌクレオシド二リン酸還元酵素


5-アミノイミダゾール-4-カルボキサミドリボヌクレオシド」

  [★]

5-aminoimidazole-4-carboxamide ribonucleosideAICAR


デオキシリボヌクレオシド三リン酸」

  [★]

deoxyribonucleoside triphosphate dNTP


ヌクレオ」

  [★]

nucleo




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡