リビドー

出典: meddic

libido
エス



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/28 21:11:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フロイトの二つの倫理 : 社会哲学としてのリビドー理論(人間科学科)
  • フロイトのテクストにおける生-政治の介入--「性欲論三篇」におけるヘゲモニー的リビドー体制
  • 加藤 隆雄
  • アカデミア, 自然科学・保健体育編 15, 17-28, 2010-01
  • NAID 40017067537

関連リンク

リビドー(羅: Libido)とは、日常的には性的欲望または性衝動と同義に用いられる。これ はジークムント・フロイトが「性的衝動を発動させる力」とする解釈を当時心理学で使用 されていた用語Libidoにあてたことを継承したものである。一方で、カール・グスタフ・ ...
小太郎君がふたつの玉をいじっています。どうやら雛子お姉ちゃんと一緒に遊びたいよう なのですが、さて、ここで問題です。 rを正の実数とする。xyz空間内の原点O(0,0,0)を 中心とする半径1の玉をA、点P(r,0,0)を中心とする半径1の玉をBとする。玉Aと玉Bの和 ...

関連画像

② 【マスリート白書】『網 まさにケモナーのリビドーを Common Birth Control Side EffectsLibido(リビドー) テレカK ガトーリビドー木次店?リビドー


★リンクテーブル★
先読みlibido
リンク元エス
拡張検索リビドー亢進
関連記事リビド

libido」

  [★]

  • n.
  • 愛欲、性的衝動


WordNet   license wordnet

「(psychoanalysis) a Freudian term for sexual urge or desire」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「リビドー(精神分析で人間のすべての行動の基とされる根元的な欲望) / 性欲」

エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考


リビドー亢進」

  [★]

increased libido
性欲性欲減退性欲亢進


リビド」

  [★]

livid
lividus
リビド着色




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡