リパーゼ

出典: meddic

lipase
グリセロールエステルヒドロラーゼ glycerol ester hydrolase脂肪分解酵素 lipolytic enzyme
コリパーゼ


判別

検査の本

36IU/L以下(減少)

161-500IU/L(増加)

500IU/L以上(高度増加)


参考

  • 1.
[display]http://www5.mediagalaxy.co.jp/meito/kaseihin/lipase/jlip.html
  • 2.
[display]http://www.cmcbooks.co.jp/user_data/pdf/bp09111.pdf



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/20 13:40:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • N-アシルエタノールアミンプラスマローゲンからのN-アシルホスファチジルエタノールアミン水解ホスホリパーゼD依存的および非依存的経路を介したN-アシルエタノールアミンの生合成
  • 坪井 一人,岡本 安雄,池松 夏紀,井上 愛美,清水 嘉文,宇山 徹,王 俊,Deutsch Dale G.,Burns Matthew P.,Ulloa Nadine M.,徳村 彰,上田 夏生
  • ビタミン 87(5・6), 267-270, 2013-06-25
  • NAID 110009612886
  • 2-IV-26 短鎖/酸化脂肪酸選択的ホスホリパーゼ(PAF-AH2)のマスト細胞における機能解析(一般演題要旨,第65回大会講演要旨)
  • 嶋中 雄太,河野 望,武富 芳隆,向井 康治朗,村上 誠,新井 洋由
  • ビタミン 87(4), 261, 2013-04-25
  • NAID 110009604815
  • 食虫植物ウツボカズラ消化液内共生細菌メタゲノムライブラリーからの新規リパーゼ遺伝子のスクリーニング(2012論文賞)
  • 諸星 知広,及川 学,佐藤 祥子,菊地 典子,加藤 紀弘,池田 宰
  • 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 91(2), 83, 2013-02-25
  • NAID 110009597760
  • 抗肥満症薬の現状と展望 (特集 肥満症 : 病態・診断・治療) -- (診断・疫学・治療)

関連リンク

リパーゼ (lipase) は、脂質を構成するエステル結合を加水分解する酵素群である。語源 は、ギリシャ語の“lipos(脂肪)”+“ase(酵素)”に由来する。普通はそのうちで特に トリグリセリド(グリセロールの脂肪酸エステル)を分解して脂肪酸を遊離するトリアシル ...
リパーゼとは、膵臓に含まれる消化酵素の一つで、十二指腸に分泌されて食物中の 脂肪を分解する働きをします。すい臓の細胞が破壊されると血液中のリパーゼが増える ため、膵臓の病気を調べる重要な検査となっています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 消化酵素製剤

販売名

エクセラーゼ配合錠

組成

  • エクセラーゼ配合錠は、1錠中に下記の成分を含有する。

有効成分

  • サナクターゼM 50mg(外層)
    メイセラーゼ 50mg(外層)
    プロクターゼ 100mg(外層)
    オリパーゼ2S 20mg(外層)
    膵臓性消化酵素TA 100mg(腸溶性内核錠)

添加物

  • 乳糖水和物、カルメロースカルシウム、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、軽質無水ケイ酸、ヒプロメロース、マクロゴール6000、マクロゴール400、酸化チタン、ポリソルベート80、シリコーン樹脂、カルナウバロウ、タルク、メタクリル酸コポリマーLD、ラウリル硫酸ナトリウム
    香料、プロピレングリコール

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • ウシ又はブタたん白質に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 消化異常症状の改善
  • 通常、成人1回1錠を1日3回食後直ちに経口投与する。
    年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • 各酵素は活性pH域でそれぞれの基質に対し作用する。


★リンクテーブル★
先読みglycerol ester hydrolase
国試過去問104G027」「099D100」「104I021」「089B051
リンク元TM配合」「膵リパーゼ」「TM配合散」「lipase」「逸脱酵素
拡張検索ホルモン感受性リパーゼ」「トリアシルグリセロールリパーゼ」「トリグリセリドリパーゼ」「コリパーゼ」「ホスホリパーゼA

glycerol ester hydrolase」

  [★] グリセロールエステルヒドロラーゼ


104G027」

  [★]

  • 消化吸収について正しいのはどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G026]←[国試_104]→[104G028

099D100」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099D099]←[国試_099]→[099D101

104I021」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104I020]←[国試_104]→[104I022

089B051」

  [★]

  • 急性膵炎で最も早く正常化する血中膵酵素はどれ?

TM配合」

  [★] ウイキョウ末ウルソデオキシコール酸カンゾウ末ケイヒ末ケイ酸マグネシウムゲンチアナ末サンショウ末ジアスターゼショウキョウ末チョウジ末リパーゼ炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム

健胃消化剤


膵リパーゼ」

  [★]

pancreatic lipase
ステアプシン steapsin
リパーゼ


  • 膵リパーゼによる反応は可逆的。
  • 分解産物の濃度が高まると反応が停止。
  • 至適pH 8.0
  • colipaseの存在下複合体を形成し至適pH 6.0となる。また、胆汁酸による酵素活性の抑制を受けない。


TM配合散」

  [★] ウイキョウ末ウルソデオキシコール酸カンゾウ末ケイヒ末ケイ酸マグネシウムゲンチアナ末サンショウ末ジアスターゼショウキョウ末チョウジ末リパーゼ炭酸水素ナトリウム沈降炭酸カルシウム


lipase」

  [★] リパーゼ

WordNet   license wordnet

「an enzyme secreted in the digestive tract that catalyzes the breakdown of fats into individual fatty acids that can be absorbed into the bloodstream」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「リパーゼ(脂肪分解酵素)」


逸脱酵素」

  [★]

leaking enzyme
遊出酵素
血中酵素検査

非特異的

胆道

肝臓

筋肉

膵臓


ホルモン感受性リパーゼ」

  [★]

hormone-sensitive lipase, HSL
ホルモン感受性トリアシルグリセロールリパーゼ



トリアシルグリセロールリパーゼ」

  [★]

triacylglycerol lipase
リパーゼ膵リパーゼ


トリグリセリドリパーゼ」

  [★]

triglyceride lipase
リパーゼ

コリパーゼ」

  [★]

colipase
リパーゼ




ホスホリパーゼA」

  [★]

phospholipase A, PLA





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡