リハビリテーション工学

出典: meddic

和文文献

  • 住宅用支援用具 (特集 リハビリテーション工学と福祉用具開発)
  • 橋本 美芽
  • 総合リハビリテーション 43(8), 729-733, 2015-08
  • NAID 40020547386
  • コミュニケーション機器 (特集 リハビリテーション工学と福祉用具開発)
  • 井村 保
  • 総合リハビリテーション 43(8), 721-727, 2015-08
  • NAID 40020547347

関連リンク

本会は、生活を行う上で障害を有する人々に対し、 その生活を豊かに実現するための 工学的支援技術を発展・普及させるとともに、 この技術を通じて学術・文化・産業の振興 に寄与することを目的とし、 この目的に賛同する個人および団体によって構成されてい ...
世界大百科事典 第2版 リハビリテーション工学の用語解説 - リハビリテーションに必要 な種々の補装具などの開発・研究を行う医療工学の一分野。リハビリテーション工学の 概念は障害者のリハビリテーションの拡大をめざす試みのなかで誕生した。たとえば ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リハビリテーション」「工学」「リハビリ

リハビリテーション」

  [★]

habilitation
rehabilitation
社会復帰更生更生指導、回律指導、回律訓練

ICFモデルに基づく介入

  • 機能障害
  • 機能障害の改善
  • 合併症の予防と治療
  • 活動制限
  • 残存機能の強化
  • 日常生活動作の訓練(残存能力の応用による機能障害の克服)
  • 補助具の仕様(義肢、装具、杖、車椅子)
  • 参加制約
  • 家屋の改造
  • 周囲の人間の意識の変化
  • 教育の機会の確保
  • 職業的自立の援助
  • 経済的自立の保証
  • 社会参加、レクリエーションへの援助
  • 生活環境の整備

国試

  • 急性期のリハビリは肺葉症候群を避け、なるべく早く離礁させるためのリハビリを行う。また、脳血管障害に合併することが多い嚥下障害に対して、誤嚥性肺炎や脱水を避けるために摂食・嚥下の評価を行う。(QB.J-36)



工学」

  [★]

engineering
エンジニアリング

リハビリ」

  [★] リハビリテーション




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡