リトコール酸

出典: meddic

lithocholic acid LCA
3α-ヒドロキシ-5β-コラン-24-酸 3α-hydroxy-5β-cholan-24-oic acid
胆汁酸



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/20 00:07:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 1.活性型ビタミンD_3及びリトコール酸によるリガンド選択的なビタミンD受容体標的遺伝子の発現誘導(第329回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会)
  • 槇島 誠,石澤 通康,赤木 大輔,山本 純平,山田 幸子
  • ビタミン 85(3), 166, 2011-03-25
  • NAID 110008607884
  • リトコール酸誘導体は高カルシウム血症を伴わない作用選択的ビタミンD受容体アゴニストである(研究論文紹介)
  • 石澤 通康,松縄 学,安達 竜太郎,宇野 茂之,池田 和正,増野 弘之,清水 正人,岩崎 賢一,山田 幸子,槇島 誠
  • ビタミン 84(3), 118-120, 2010-03-25
  • NAID 110007575062

関連リンク

デジタル大辞泉 - リトコール酸の用語解説 - 《lithocholic acid》胆汁酸の一。胆汁酸(ケノデオキシコール酸)が腸内細菌により変換されたもの。発癌(はつがん)性がある。
デジタル大辞泉 - デオキシコール酸の用語解説 - 《deoxycholic acid》胆汁酸の一種。胆汁中に含まれ、コール酸と共に脂肪の消化を促進する。腸内細菌によりケノデオキシコール酸に還元される。コレイン酸。

関連画像

 酸 リトコール 酸リトコール酸とは - goo Wikipedia  酸 リトコール酸リトコール酸(7位と12位のOH基が デオキシコール 酸 リトコール  結合した抱合胆汁酸の


★リンクテーブル★
リンク元胆汁酸」「LCA
関連記事

胆汁酸」

  [★]

bile acidcholic acid
一次胆汁酸二次胆汁酸
  • コレステロール代謝(FB.404)


生合成

種類

胆汁酸の運命

  • 肝機能が低下した場合、タウリン抱合が進まずに血中の胆汁酸濃度が上昇する。

胆汁酸の吸収

  • クローン病で回腸が障害されると、胆汁酸の吸収が障害され、進行性脂肪吸収障害を来す。

機能

  • 脂質の乳化

臨床関連

  • 黄疸:胆汁酸の皮膚沈着により掻痒を生じる、らしい。
  • 胆汁酸下痢:終末回腸の切除により胆汁酸の再吸収が妨げられ、大腸に流入した胆汁酸が脱水素胆汁酸となり水吸収を阻害して下痢をきたす、らしい。105E043


LCA」

  [★]


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡