リタリン

出典: meddic

メチルフェニデートRitalin

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/01 20:58:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リタリンの功罪 (特集 薬物依存症--薬物依存症のトレンド) -- (特論)
  • AE モニタリングにおけるコンクリート中の鉄筋腐食過程の評価
  • 友田 祐一,川﨑 佑磨,北浦 美涼,大津 政康,トモダ ユウイチ,カワサキ ユウマ,キタウラ ミスズ,オオツ マサヤス,Tomoda Yuichi,Kawasaki Yuma,Kitaura Misuzu,Otsu Masayasu
  • 熊本大学工学部技術部年次報告集 2010, 39-46, 2010
  • … 実験では、鉄筋腐食の促進実験中にAEモリタリングを実施した。 …
  • NAID 120003726678
  • ニューロフィードバックの実際(企画セッション,3.「バイオフィードバックの新しい展開-臨床の現場から」)
  • 竹内 伸
  • バイオフィードバック研究 36(2), 143-148, 2009-10-25
  • … 脳波バイオフィードバックであるニューロフィードバックは,その対象が脳波,脳の活動であることから,実に広範囲な患者,クライアントに用いられている.アメリカではポスト・リタリンとしてADD/ADHDのクライアントに多く使われている.またADD/ADHDにかぎらず,LD(学習障害),PTSD(心的外傷後ストレス障害),うつ病,双極性障害,解離性障害,強迫性障害,不安性障害,パニック発作,反応性愛着障害,かんしゃく,行為障害,偏頭痛,慢性疼 …
  • NAID 110007387198

関連リンク

最も有名な商品であるリタリンはアメリカ合衆国で生産されているが、メチルフェニデート はメキシコやアルゼンチンの契約薬品製造メーカーにおいても製造されており、 ノバルティスがリタリンの名で販売している。アメリカ合衆国では、メチリンなど様々な メチル ...
リタリンは脳の中枢神経を興奮させ、精神活動を高めるという働きがあります。服用後、 すぐに気分が高揚して、 うつ病の場合などは一時的にですが鬱から抜け出すことが 出来るというのが大きな特徴です。ただし、現在リタリンは現在はうつ病には処方でき ...

関連画像

リ タリン を 病院 で 1 日 6 錠  リ タリン の 概要 リ タリン はリ タリン ナルコレプシー リタリンリタリンリ タリン 500 錠 ビン リ タリン

添付文書

薬効分類名

  • 中枢神経刺激剤

販売名

**リタリン錠10mg

組成

**成分・含量

  • 1錠中メチルフェニデート塩酸塩10mg

添加物

  • 乳糖、第三リン酸カルシウム、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、リン酸二水素カルシウム、ゼラチン、タルク、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 過度の不安、緊張、興奮性のある患者〔中枢神経刺激作用により症状を悪化させることがある。〕
  • 緑内障のある患者〔眼圧を上昇させるおそれがある。〕
  • 甲状腺機能亢進のある患者〔循環器系に影響を及ぼすことがある。〕
  • 不整頻拍、狭心症のある患者〔症状が悪化するおそれがある。〕
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 運動性チック、Tourette症候群の患者又はその既往歴・家族歴のある患者〔症状を悪化又は誘発させることがある。〕
  • 重症うつ病の患者〔抑うつ症状が悪化するおそれがある。〕
  • 褐色細胞腫のある患者〔血圧を上昇させるおそれがある。〕
  • *モノアミンオキシダーゼ(MAO)阻害剤を投与中又は投与中止後14日以内の患者(「相互作用」の項参照)

効能または効果

  • *ナルコレプシー
  • **,*メチルフェニデート塩酸塩として、通常成人1日20〜60mgを1〜2回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • てんかん又はその既往歴のある患者〔痙攣閾値を低下させ、発作を誘発させるおそれがある。〕
  • *高血圧の患者、心不全、心筋梗塞を起こしたことのある患者〔血圧又は心拍数を上昇させるおそれがある。〕
  • 脳血管障害(脳動脈瘤、血管炎、脳卒中等)のある患者又はその既往歴のある患者〔これらの症状を悪化又は再発させることがある。〕
  • *下記の精神系疾患のある患者〔行動障害、思考障害又は躁病エピソードの症状が悪化するおそれがある。〕
    統合失調症、精神病性障害、双極性障害
  • *薬物依存又はアルコール中毒等の既往歴のある患者〔慢性的乱用により過度の耐性及び様々な程度の異常行動を伴う精神的依存を生じる可能性がある。〕
  • *心臓に構造的異常又は他の重篤な問題のある患者〔因果関係は確立していないが、中枢神経刺激作用を有する薬剤の投与による突然死の報告がある。〕

重大な副作用

剥脱性皮膚炎

(頻度不明)

  • 症状があらわれた場合は投与を中止し、適切な処置を行うこと。

狭心症

(頻度不明)

  • 症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

悪性症候群(Syndrome malin)

(頻度不明)

  • 発熱、高度の筋硬直、CK(CPK)上昇等があらわれることがあるので、このような場合には体冷却、水分補給等の適切な処置を行うこと。

脳血管障害(血管炎、脳梗塞、脳出血、脳卒中)

(頻度不明)

  • 症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

**中枢神経刺激作用

  • メチルフェニデート塩酸塩は大脳半球及び脳幹に高く分布することが認められており(ラット・経口投与)上位運動中枢及び知覚・感覚系に作用することが示唆されている3)が作用機序についてはいまだ明らかにされていない。
    マウス、ラット、ウサギ、イヌにおいてメチルフェニデート塩酸塩0.5〜5mg/kgの経口又は非経口的投与により運動の亢進、攻撃的行動、闘争的衝動等の中枢性興奮症状が認められている。4)

**自発運動に及ぼす影響

  • マウスにメチルフェニデート塩酸塩15mg/kgを経口投与し、振動カゴを用いて観察した実験では投与1時間後に未処置群の4倍の運動量を示し、またラットによる回転カゴ実験において10mg/kgを経口投与した場合には著明な自発運動の亢進が認められている。4)
    メチルフェニデート塩酸塩の運動亢進作用はその強さ及び持続性においてメタンフェタミン、カフェインのほぼ中間であることが認められている。4,5)

**睡眠に及ぼす影響6)

  • REM型ナルコレプシーの患者(13例)にメチルフェニデート塩酸塩(10〜40mg)を投与し、同じ日の午前(無投薬)と午後(試験薬投与後)の2回反復して1時間のポリグラフィを行い両記録を比較した結果、覚醒維持機能の指標となる入眠前覚醒持続時間(入眠潜時)が3.5倍に延長し強力な覚醒作用を持つことが認められている。また、REM睡眠抑制効果の指標となる入眠時REM期の持続時間の短縮が認められ、REM睡眠抑制作用の存在が示されている。

有効成分に関する理化学的知見

**一般名

  • メチルフェニデート塩酸塩(Methylphenidate Hydrochloride)

化学名

  • Methyl α-phenyl-2-piperidineacetate hydrochloride

分子式

  • C14H19NO2・HCl

分子量

  • 269.77

性状

  • 白色の結晶性の粉末で、においはない。
    水又はメタノールに溶けやすく、酢酸(100)、エタノール(95)又はクロロホルムにやや溶けやすく、ジクロロメタンにやや溶けにくく、無水酢酸又はアセトンに溶けにくく、酢酸エチルに極めて溶けにくい。
    本品の水溶液(1→20)のpHは3.5〜5.0である。
    本品の水溶液(1→20)は旋光性がない。

融点

  • 約205℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元精神神経用剤」「メチルフェニデート」「Ritalin
関連記事リン

精神神経用剤」

  [★]

抗精神病薬

商品


メチルフェニデート」

  [★]

methylphenidate
塩酸メチルフェニデート methylphenidate hydrochloride
リタリン Ritalin, Methylin, Concerta,metadate ER, Flocalinコンサータ
精神神経用剤



特徴

  • 中程度の中枢神経興奮薬
  • 運動系より知能面を刺激

構造

作用機序

薬理作用

動態

適応

注意欠陥多動性障害

注意

禁忌

副作用

相互作用

Ritalin」

  [★]

リタリン

methylphenidatemethylphenidate hydrochloride

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡