リゾホスファチジルコリン

出典: meddic

lysophosphatidylcholine
リゾレシチン
-lysophosphatidylcholine
See Lysolecithin

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒト型リゾホスファチジルコリンアシル基転移酵素LPCAT1の生化学的解析
  • 原山 武士,進藤 英雄,清水 孝雄
  • 脂質生化学研究 51, 55-57, 2009-07-10
  • NAID 10025570060
  • ハナビラタケの子実体発育過程における脂質成分の変化
  • 吉田 博,加藤 智恵
  • 日本きのこ学会誌 : mushroom science and biotechnology 16(3), 129-133, 2008-10-31
  • … セリド(4.0〜4.8%),モノアシルグリセリド(1.0〜1.5%)であった.リン脂質の主成分はホスファチジルエタノールアミン(60.4〜68.9%)であり,次いでホスファチジルコリン(18.3〜20.4%),カルジオリピン(8.0〜10.6%),リゾホスファチジルコリン(4.8〜6.0%)であった.子実体原基,幼子実体および成熟子実体中の脂肪酸組成は総脂質,中性脂質,糖脂質およびリン脂質の間で顕著な差はなかった.主要脂肪酸はリノール酸,オレイン酸,パルミチン酸で …
  • NAID 110008675325

関連リンク

リン脂質の1種、ホスファチジルコリン(レシチン)の構造式。2つの脂肪酸(オレイン酸・ パルミチン酸)・グリセリン・リン酸・コリンが複合 ... エステル結合した分子を ホスファチジン酸、ホスファチジン酸からC2位の脂肪酸が外れた分子をリゾ ホスファチジン酸という。
ホスホリパーゼA2(phospholipase A2:注7)は、リン脂質のレシチン(PC)のC2につく 脂肪酸(β位の脂肪酸)を加水分解し、リゾレシチン、つまり、リゾホスファチジルコリン( LPC)が生成されるという。 LPCは、食品が空気中の酸素で劣化しても、生成される。

関連画像

0005 リゾ pc は 構造的 機能 の  リゾホスファチジルコリン はlpa は lpa1 lpa2 および lpa3 または リゾホスファチジルコリンリゾホスファチジルコリン lpc


★リンクテーブル★
リンク元リゾレシチン」「lysophosphatidylcholine
関連記事リン」「コリン

リゾレシチン」

  [★]

lysolecithin
リゾホスファチジルコリン lysophosphatidylcholine LPC、モノアシルグリセロホスホコリン monoacylglycerophosphocholine
  • 脂肪酸の限定加水分解で低分子化されたレシチン

参考

  • 構造式
[display]http://www.freepatentsonline.com/7189544-0-large.jpg
[display]http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e2/Phospholipases2.png/300px-Phospholipases2.png



lysophosphatidylcholine」

  [★]

リゾホスファチジルコリンリゾレシチン lysolecithin


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2