ランチオニン

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/20 14:00:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 毛髪の熱ダメージとその指標について
  • 山下 真司,松井 康子,戸叶 隆雄,吉岡 正人
  • 日本化粧品技術者会誌 46(3), 219-223, 2012
  • … 熱により毛髪中のシスチン残基からランチオニン残基が生成するため,毛髪のアミノ酸組成におけるダメージの指標として利用されてきたシステイン酸に加え,ランチオニンもダメージの指標として確認する必要があると考えられた。 …
  • NAID 130004691909
  • ナイシンA
  • 島 純
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(1), 37, 2008-01-15
  • … ニン,デヒドロブチリン等の修飾アミノ酸を含むことである.また,デヒドロアラニン,デヒドロブチリンの一部は,システインとの分子内縮合によりモノスルフィド結合を有するランチオニンや3-メチルランチオニンを形成する.ナイシンAの抗菌スペクトルは,他のクラスのバクテリオシンと比較して広く,他種乳酸菌やグラム陽性の食中毒細菌の多くに抗菌活性を示す.また,ナイシンAと部分 …
  • NAID 130000051343
  • 羽毛および羊毛の常温, 常圧条件下におけるアルカリ可溶化とその生成物のアミノ酸組成
  • 前田 英勝,沼田 幸代,豊田 敦
  • 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science 68(6), 587-595, 1997-06-25
  • … や羊毛はアルカリ分解によって大きく崩壊していることが分かる.両画分の塩酸加水分解物に存在するアミノ酸の大部分はL-グルタミン酸等,一般的なアミノ酸が占めていたが,それ以外にはL-システイン酸,ランチオニン,2種類の極微量の未知のアミノ酸誘導体が検出された.必須アミノ酸の含量は少なかった.薄層クロマトグラフィの結果ではアミノ酸以外の物質に由来するスポットは認められなかった.これらの可溶化物を …
  • NAID 10024586874

関連リンク

ランチオニン(Lanthionine)は、(HOOC-CH(NH2)-CH2-S-CH2-CH(NH2)-COOH)の 化学式を持つ異常アミノ酸である。システインの1イオウ置換体であり、β炭素で チオエーテル結合した2つのアラニン残基から構成される。その名前に反して、 ランチオニンには ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事チオニン」「ランチ

チオニン」

  [★]

(翻訳開始阻害タンパク質)thionin、(色素)thionine


ランチ」

  [★]

lunch
昼食




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡