ラングハンス巨細胞

出典: meddic

Langhans giant cell
類上皮細胞性肉芽腫



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/14 22:12:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 孤立性膵結核の1切除例
  • 井上 隆,青松 幸雄,小林 経宏,田仲 徹行,桑田 博文,中島 祥介
  • 日本消化器外科学会雑誌 41(8), 1604-1609, 2008-08-01
  • … を認めず,膵腫瘍摘出術・周囲のリンパ節pick upを施行した.病理組織学的検査所見にて繊維化を伴った膵実質より連続する嚢胞を認めた.嚢胞上皮下に乾酪壊死を伴った類上皮細胞からなる肉芽腫およびラングハンス巨細胞を認め,孤立性膵結核と診断した.摘出したリンパ節も同様の所見であった.術後に抗結核剤の4剤併用療法を2か月間施行後,2剤併用療法を1年間施行し,現在再発は認めていない.今回,孤立性膵結核の1切除 …
  • NAID 110006863480
  • 診断に難渋した若年性膝関節結核の1例
  • 渡邉 泰央,山本 謙吾,香取 庸一 [他]
  • 日本骨・関節感染症学会雑誌 19, 76-80, 2005
  • NAID 40015467828

関連リンク

左中央に肉芽腫が形成されている肉芽形成組織。多核のラングハンス巨細胞が認められる。 ラングハンス巨細胞(ラングハンスきょさいぼう、英:Langhans giant cell)とは、肉芽腫性疾患に認められる巨細胞。
百科事典マイペディア - ラングハンス細胞の用語解説 - 結核結節中にみられる特有の多核巨細胞。類上皮細胞が変形してできるもの。細胞の形や大きさは不定だが,円形または長円形で周囲に細長い突起を出していることが多い。

関連画像

ラングハンス巨細胞(弱拡大像  上皮細胞 ラングハンス巨細胞 ラングハンス巨細胞がラングハンス巨細胞は異物を


★リンクテーブル★
先読みマクロファージ」「類上皮細胞性肉芽腫
リンク元ラングハンス型巨細胞」「Langhans-type giant cell」「Langhans giant cell
関連記事巨細胞」「細胞

マクロファージ」

  [★]

macrophage
大食細胞大食球貪食球
塵埃細胞組織球
Mononu clear phagocytes

活性化するためのサイトカイン

機能 (PT.248)

産生するサイトカイン (SMB.44)

NK細胞樹状細胞インターフェロンγを産生させるサイトカインを分泌




類上皮細胞性肉芽腫」

  [★]

epithelioid cell granuloma
類上皮細胞


ラングハンス型巨細胞」

  [★] ラングハンス巨細胞


Langhans-type giant cell」

  [★] ラングハンス巨細胞


Langhans giant cell」

  [★] ラングハンス巨細胞

巨細胞」

  [★]

giant cell giant cells, gigantocyte
多核細胞合胞細胞




細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡