ラロキシフェン

出典: meddic

raloxifene
塩酸ラロキシフェン raloxifene hydrochloride
エビスタ
選択的エストロゲン受容体作動薬 selective estrogen receptor modulator SERM




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/30 15:49:00」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • SERM (特集 薬剤師が絶対知っておきたい! これからの骨粗鬆症マネジメント) -- (治療薬のプロファイルを読み解く)
  • 寺内 公一
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 56(7), 1051-1056, 2014-07
  • NAID 40020140967
  • SERMの新しい可能性 : その他の薬剤とのスイッチングおよび併用療法 (特集 SERMの新展開)
  • 骨粗鬆症治療におけるSERMのポジショニング (特集 SERMの新展開)

関連リンク

エビスタとは?ラロキシフェンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 成分(一般名) : ラロキシフェン塩酸塩 製品例 : エビスタ錠60mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 他の代謝性医薬 ...
閉経後骨粗鬆症治療剤 「塩酸ラロキシフェン」について 中外製薬株式会社 学術第三部 遠藤 弘一 2004.12.20 将来見通し 本プレゼンテーションには、中外製薬の事業及び 展望に関する将来見通しが含まれていますが、い

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 骨粗鬆症治療剤

販売名

ラロキシフェン塩酸塩錠60mg「サワイ」

組成

  • ラロキシフェン塩酸塩錠60mg「サワイ」は、1錠中にラロキシフェン塩酸塩60mgを含有する。
    添加物として、カルナウバロウ、クロスポビドン、酸化チタン、ステアリン酸Mg、タルク、乳糖、ヒプロメロース、ポビドン、ポリソルベート80、マクロゴール6000を含有する。

禁忌

  • 深部静脈血栓症、肺塞栓症、網膜静脈血栓症等の静脈血栓塞栓症のある患者又はその既往歴のある患者〔副作用として静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症、肺塞栓症、網膜静脈血栓症を含む)が報告されており、このような患者に投与するとこれらの症状が増悪することがある(「重要な基本的注意」及び「副作用」の項参照)。〕
  • 長期不動状態(術後回復期、長期安静期等)にある患者(「重要な基本的注意」の項参照)
  • 抗リン脂質抗体症候群の患者〔本症候群の患者は静脈血栓塞栓症を起こしやすいとの報告がある。〕
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 閉経後骨粗鬆症
  • 通常、ラロキシフェン塩酸塩として、1日1回60mgを経口投与する。

慎重投与

  • 肝障害のある患者〔安全性は確立していない。〕
  • 経口エストロゲン療法にて顕著な高トリグリセリド血症(>500mg/dL)の既往のある患者〔本剤服用により血清トリグリセリド上昇がみられることがあるため、血清トリグリセリド値のモニターを行うこと。〕
  • 腎障害のある患者〔安全性は確立していない。〕

重大な副作用

  • (頻度不明)
  • 静脈血栓塞栓症:深部静脈血栓症、肺塞栓症、網膜静脈血栓症があらわれることがあるので、下肢の疼痛・浮腫、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛、急性視力障害等の症状が認められた場合には投与を中止すること。
  • 肝機能障害:AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP等の著しい上昇を伴う肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ラロキシフェン塩酸塩(Raloxifene Hydrochloride)

化学名

  • [6-Hydroxy-2-(4-hydroxyphenyl)benzo[b]thien-3-yl][4-(2-piperidin-1-ylethoxy)phenyl]methanone monohydrochloride

分子式

  • C28H27NO4S・HCl

分子量

  • 510.04

融点

  • 約259℃(分解)

性状

  • ラロキシフェン塩酸塩は白色〜微黄色の結晶性の粉末である。メタノールに溶けにくく、水又はエタノール(99.5)にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みraloxifene hydrochloride
リンク元二次性高コレステロール血症

raloxifene hydrochloride」

  [★]

raloxifene

二次性高コレステロール血症」

  [★]

高コレステロール血症

LDL-C上昇

食事

薬物

疾患

内分泌疾患

TG上昇

食事

  • 体重増加
  • 超低脂肪食
  • 炭水化物の大量摂取
  • アルコール多飲

薬物

疾患

内分泌疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡