ラムドイドファージ

出典: meddic

和文文献

  • <綜説>ラムドイド・ファージ・ゲノムの比較 : ベロ毒素遺伝子との関連
  • ラムドイド・ファージ・ゲノムの比較:ベロ毒素遺伝子との関連
  • 杉野 義信
  • 関西医科大学雑誌 54(2-4), 164-176, 2002
  • 1)ベロ毒素遺伝子はラムドイド・ファージ・ゲノムの特定の位置にファージ特有の制御を受けつつ存在し,従って,今まで明らかになった範囲では,ファージ自身の遺伝子であって,細菌の染色体本体から由来したものと考える根拠はない.2)ラムドイド・ファージでは,それぞれの蛋白質とそのDNA上の作用点とについて,特異的な要素が対をなして存在し,その蛋白の遺伝子とターゲットとの組は組換えの前後も不変に保たれる.離れ …
  • NAID 130004625719

関連リンク

... 、例えばM13、f1、fd、Pf3ファージもしくはその誘導体、またはラムドイドファージ、例えばラムダ、21、phi80、phi81、82、424、434、その他もしくはその誘導体である。 【0042】 本明細書で使われる「溶媒と接触しうる位置」は 抗体 ...
... およびM13ファージ)、他のバクテリオファージ(例えば、T7バクテリオファージとラムドイドファージ)などが挙げられる。繊維状ファージにおいては、典型的には、直鎖状ペプチドをコートタンパク質pIIIやpVIIIに融合させることが ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ファージ」「ラム」「イド

ファージ」

  [★]

phage, bacteriophage
バクテリオファージ


ラム」

  [★]

rhm
照射線量率定数 exposure rate constant


イド」

  [★]

id
エス





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡