ラマピテクス

出典: meddic

和文文献

  • DNAを通してヒトをみる
  • 長谷川 政美
  • 電子情報通信学会誌 75(7), 694-700, 1992-07-25
  • NAID 10006722470
  • 中国の古猿類-3-世界最初のラマピテクス頭骨の発掘(徐慶華,1981)(資料)
  • 兼松 仁郎 [訳]
  • 長崎総合科学大学紀要 24(2), p305-309, 1983-11
  • NAID 40004242991

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ラマピテクスの用語解説 - 中新世にアジア,アフリカ,ヨーロッパの各地にすんでいたと考えられている化石霊長類。1960年代に E.サイモンズが,それまで別々に呼ばれていた一連の化石 ...
ラマピテクス【Ramapithecus】とは。意味や解説、類語。アフリカ・ヨーロッパ・アジアなどで発見される、人類と近縁の化石霊長類。インド北西部のシワリクで上顎(じょうがく)骨を最初に発見。1200万~600万年前に生息した人類の祖先と ...

関連画像

この画像の ラマピテクス か 図:ラマピテクス ヒトへの進化は、哺乳類へ進化 人類はもう進化しなくて、退化


★リンクテーブル★
関連記事ラマ

ラマ」

  [★]

llama
新世界ラクダ類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡