ラブフィリン3A

出典: meddic

関連リンク

これらのタンパク質の中で、プロテインキナーゼC、ホスホリパーゼA2、シナプトタグミン 、およびラブフィリン3Aは、無細胞系 ... ラブフィリン3Aは、低分子量GTP結合タンパク質 の1つで神経伝達物質の放出に関与しているRab3Aの標的タンパク質として発見され、 ...
他にC2ドメインを持つラブフィリン3A, DOC2,. Munc13等がある. それぞれ神経誘発性 放出に必須では. ないがCa感受性の調節等に関与している可能性があ. る. また シナプトタグミンC2Bドメインにイノシトール. ポリ燐酸が結合すると放出が抑制されること が知 ...

関連画像

2つのC2領域を有する脳特異 Patent DrawingAYUMI バゾプレシンと疾患


★リンクテーブル★
関連記事リン」「ラブ

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






ラブ」

  [★]

lab
レンニン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡