ラブディティス型幼虫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

5.糞線虫 Strobgyloides stercoralis 【事例】 6歳男児。両親はイラン人で日本で働いている。発熱のため外来受診。血液検査にて著しい白血球増加、特に好酸球 の増加を認めた。精査の結果、糞便中に糞線虫の幼虫を多数認めた。
犬と猫では糞線虫は小腸(最終的に)に寄生します。寄生するのは雌のみです。 便へR型(ラブディティス型:第一期幼虫)と呼ばれる仔虫が排泄さます。その第一期幼虫が、直接発育(約1日)でF型(フィラリア型:第三期幼虫)仔虫へ ...
... 行い、虫卵を有する体長約2 mmのフィラリア型を呈する。卵は腸内で孵化し、ラブディティス型幼虫となる。外界に出た幼虫は有性生殖を営む自由生活性となる。生育条件が悪化するとフィラリア型幼虫が生じ、ヒトへ経皮感染 4 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事幼虫」「」「ラブ

幼虫」

  [★]

larvalarvaelarval
幼生

虫」

  [★]

wormbug
寄生虫バグ


ラブ」

  [★]

lab
レンニン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡