ラノリン

出典: meddic

lanolin

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

「ラノリン」という保湿成分 こんにちは。橋本です。 「ラノリン」という保湿成分を知っていますか? ラノリンそのものを使っている人は少ないかもしれませんが、ラノリンを配合している医薬品、化粧品は多く ...
精製ラノリン、lanolin 羊毛から得た脂肪様物質を精製したもので、淡黄色の軟膏様の物質である。主成分は、コレステロール、イソコレステロール、高級脂肪酸、高級アルコールおよびそのエステルで、抱水性に優れ、自重の2倍量の水 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 皮膚疾患治療剤

販売名

エキザルベ

組成

成分・含量(1g中)

  • 混合死菌浮遊液:0.166mL
     大腸菌死菌:約1.5億個
     ブドウ球菌死菌:約1.5億個
     レンサ球菌死菌:約0.15億個
     緑膿菌死菌:約0.15億個を含有
    ヒドロコルチゾン:2.5mg

添加物

  • 精製ラノリン
    白色ワセリン
    フェノール

禁忌

(次の場合には使用しないこと)

  • 皮膚結核、単純疱疹、水痘、帯状疱疹、種痘疹〔本剤に含まれるヒドロコルチゾンはこれらの疾患を悪化させるおそれがある〕
  • 真菌症(カンジダ症、白癬等)〔本剤に含まれるヒドロコルチゾンは真菌症(カンジダ症、白癬等)を悪化させるおそれがある〕
  • 本剤に対し、過敏症の既往歴のある患者
  • 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷〔本剤に含まれるヒドロコルチゾンはこれらの疾患、症状の治癒を遅延させるおそれがある〕

効能または効果

湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発している下記疾患

  • 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)、熱傷、術創

湿疹様変化を伴う膿皮症(感染性湿疹様皮膚炎、湿疹様膿痂疹)

  • 通常、1日1〜数回直接患部に塗布又は塗擦するか、あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付する。
    なお、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • 本剤の局所感染防御作用、肉芽形成促進作用及び抗炎症作用は、混合死菌浮遊液及びヒドロコルチゾンの協力作用に基づく2)。(ラット、マウス)
  • 混合死菌浮遊液は白血球遊走能を高め3)、局所感染防御作用を示す2)。(in vitro、マウス)
  • 混合死菌浮遊液は、肉芽形成促進作用により創傷治癒を促進する2)。(ラット)
  • ヒドロコルチゾンは血管透過性亢進抑制、浮腫抑制等の抗炎症作用を有する2)。(ラット)


★リンクテーブル★
リンク元lanolin
拡張検索精製ラノリン
関連記事リン

lanolin」

  [★]

ラノリン

WordNet   license wordnet

「a yellow viscous animal oil extracted from wool; a mixture of fatty acids and esters; used in some ointments and cosmetics」
wool fat, wool grease

WordNet   license wordnet

「an emollient containing wool fat (a fatty substance obtained from the wool of sheep)」


精製ラノリン」

  [★]

adeps lanae purificatus
エキザルベプロクトセディルポステリザンメンタームQ強力ポステリザン
ラノリン鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡