ラゼーグ

出典: meddic

Lasegue


和文文献

  • 有機酸存在下での焙焼処理によるデンプンへの抗酸化能付与
  • 三輪 章志
  • 日本食品工学会誌 14(1), 1-8, 2013
  • DPPHラジカル消去能により抗酸化活性を測定したデンプン素材は,コーンスターチと有機酸を焼成して製造され,ANOX糖(抗酸化糖)と命名した.焼成温度と時間は170°C,60分に固定され,使用される有機酸は,様々な種類の中から適切なものを選択した.フィチン酸ANOX糖は,抗酸化活性の最も高い値を示したが,素材の色がほとんど黒であったため,値が2番目だったL-酒石酸を選択した.L-酒石酸-ANOX糖素 …
  • NAID 130005078814
  • 塩麹の酵素活性の変動
  • 山本 直子,大内 和美,哥 亜紀
  • 日本調理科学会大会研究発表要旨集 25(0), 68, 2013
  • 【目的】 塩麹は、米麹に食塩と水を加え醗酵熟成させたもので、独特の風味とうまみのある調味料である。この塩麹に漬けた肉や魚はうまみが増し、軟らかくなると言われている。これは米麹が産生する酵素が関係していると考えられる。そこで、本研究では塩麹の熟成する過程でのα‐アミラーゼ、グルコシダーゼ、プロテアーゼ、カルボキシペプチダーゼについて、その酵素活性の変動を調べることとした。【実験方法】 塩麹は、米麹に …
  • NAID 130005044289
  • MRIで前根にガドリニウム増強効果がみとめられステロイドパルス療法で神経根痛が著減した軸索型ギラン・バレー症候群の1成人例
  • 遠藤 邦幸,安井 敬三,長谷川 康博,柳 務
  • 臨床神経学 53(7), 543-550, 2013
  • 症例は軸索型ギラン・バレー症候群の37歳男性である.下痢に続いて激烈な疼痛が右大腿に生じ,腰部・両下肢に拡大した.表在感覚は正常であったが,遠位筋優位の四肢筋力低下が進行し,腱反射の消失,ラゼーグ徴候陽性を呈した.電気生理学的検査で下肢の複合運動活動電位の低下,F波消失,髄液検査で蛋白細胞解離,血清IgG抗GM1抗体の陽性をみとめた.腰部・下肢痛の性質は深部痛で神経根痛と考えられた.MRIではガド …
  • NAID 130004505532

関連リンク

喉頭ファイバーについて 喉頭ファイバーとは、喉頭がんの有無などを調べるための検査方法です。喉頭がんとは、舌の付け根から気管の入り口までの部分に発症するがんであり、呼吸や食物等の飲み込みに障害をきたしてしまうもの ...
ラセーグ徴候(らせーぐちょうこう)とは、髄膜刺激症状のひとつである。坐骨神経麻痺の鑑別に用いられている。SLR(Straight Leg Raising Test)、下肢伸展拳上検査、ラセーグテストと

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元Lasegue
拡張検索ラゼーグ・ファルレ症候群」「ラザレヴィック-ラゼーグ徴候」「ラゼーグ-ファルレ症候群」「ラゼーグ試験

Lasegue」

  [★] ラセーグラゼーグ


ラゼーグ・ファルレ症候群」

  [★]

Lasegue-Falret syndrome
感応精神病


ラザレヴィック-ラゼーグ徴候」

  [★] ラザレヴィック・ラゼーグ徴候


ラゼーグ-ファルレ症候群」

  [★] ラゼーグ・ファルレ症候群


ラゼーグ試験」

  [★] 下肢伸展挙上テスト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3