ラセン板縁

出典: meddic

[[]]
[[]]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 共焦点レーザー顕微鏡を用いたラセン板縁の可視化に関する研究
  • 兵頭 純,暁 清文
  • Audiology Japan 49(5), 529-530, 2006-09-05
  • NAID 10021298986

関連リンク

ラセン板縁: 骨ラセン板を被う骨膜の外側への肥厚、上下2つの突出部 上: 前庭唇: 外側へ蓋膜(舌状; ゼリー様物質; ラセン器を被う ) 下: 鼓室唇: ラセン膜に続く両唇の間の凹み: 内ラセン溝 ラセン膜: 鼓室唇と 外壁のラセン靭帯の間 ...
... は蝸牛軸から水平に出てる骨ラセン板をおおう骨膜の厚い肥厚部である。この肥厚部をラセン板縁という。ラセン板縁の外側胆は内方に向かってC字状に凹んでいる。この凹みを内ラセン溝という。1層の立方形の上皮細胞でおお ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

縁」

  [★]

edgemarginrimbrimmarginally
限度マージン余裕輪郭わずか余分エッジ周縁部周辺部分




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡