ラセンヒダ

出典: meddic

spiral fold (Z)


和文文献

  • ウシの第四胃内面構造の形態学的分化
  • 浅利 昌男,深谷 幸作,山本 雅子,江口 保暢,鹿野 胖
  • 日本獸醫學雜誌 43(2), 211-219, 1981-04-25
  • … 初期胎仔の第四胃表面上にはすでに多くの細かなシワをもつ, ラセンヒダが現われていた(1・5-2ヵ月). …
  • NAID 110003916875
  • Neoplene Latex鋳型による山羊胃粘膜の観察
  • 斎藤 勇夫,谷 峰人,村上 隆之
  • 宮崎大学農学部研究報告 24(2), p247-253, 1977-12
  • … 第四胃ラセンヒダは第三・四胃口付近に起こり, 胃壁の側面をほぼ対称的に斜後方へ下る. …
  • NAID 120002013580

関連リンク

胆嚢頚 のラセンヒダ は分かるか(Fig.312)。 Left gastric artery 左胃動脈 292 A. gastrica sinistra Common hepatic artery 総肝動脈 292 A. hepatica communis Celiac trunk (Celiac axis) 腹腔動脈 292 Hepatic branches of vagus ...
平常時にはOddi括約筋によって胆路は閉じられている。胆嚢管は内腔のラセンヒダ という隔壁のため常時閉じられる事はない。その為、肝臓で分泌された胆汁は スムーズに胆嚢に移行する。食物(脂肪)が十二指腸に達すると ...

関連画像

組織学 - 肝小葉: 小葉間動脈 腹部および消化器官の構造 腹部および消化器官の構造 腹膜腔:腸間膜根, 結腸間膜 脾臓: 脾髄, 赤脾髄, 白脾髄


★リンクテーブル★
関連記事ヒダ

ヒダ」

  [★]

crease
縦溝




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡