ラクトン

出典: meddic

lactone


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/13 21:43:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹水に対する薬物療法と問題点 (肝性浮腫 : 病態・診断・薬物療法)
  • 泉 並木
  • Fluid management renaissance 4(15増刊), 47-52, 2014-11
  • NAID 40020284587
  • ヒト腸内菌叢のフィトエストロゲン代謝の多様性
  • 田村 基
  • ニューフードインダストリー 56(11), 33-42, 2014-11
  • NAID 40020247082
  • ウメ'南高'における光条件の違いが梅酒の香気,苦みおよび機能性成分に及ぼす影響
  • 大江 孝明,岡室 美絵子,櫻井 直樹 [他]
  • 園芸学研究 13(4), 343-347, 2014-10-15
  • NAID 40020244086

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ラクトンの用語解説 - 有機物化合物の1分子内のカルボキシル基と水酸基から水を脱離して生じる環式の分子内エステルの総称。性質はエステルにきわめて類似し,環の大きさにより,β ...
株式会社ラクトン 〒983-0025 宮城県仙台市宮城野区福田町 南2丁目4-1 TEL.022-388-8081 FAX.022-254-5889 ... <<株式会社ラクトン>> 〒983-0025 宮城県仙台市宮城野区福田町南2丁目4-1 TEL:022-388-8081 FAX:022-254-5889

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 抗アルドステロン性利尿・降圧剤

販売名

スピロノラクトン錠25mg「トーワ」

組成

1錠中の有効成分

  • 日局 スピロノラクトン…25mg

添加物

  • 乳糖水和物、トウモロコシデンプン、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、酸化チタン、l-メントール

禁忌

  • 無尿又は急性腎不全の患者[腎機能を更に悪化させるおそれがある。また、腎からのカリウム排泄が低下しているため高カリウム血症を誘発又は増悪させるおそれがある。]
  • 高カリウム血症の患者[高カリウム血症を増悪させるおそれがある。]
  • アジソン病の患者[アジソン病ではアルドステロン分泌低下により、カリウム排泄障害を来しているので、高カリウム血症となるおそれがある。]
  • タクロリムス、エプレレノン又はミトタンを投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

高血圧症(本態性、腎性等)、心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、特発性浮腫、原発性アルドステロン症の診断及び症状の改善、悪性腫瘍に伴う浮腫及び腹水、栄養失調性浮腫

  • スピロノラクトンとして、通常成人1日50〜100mgを分割経口投与する。
  • なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、「原発性アルドステロン症の診断及び症状の改善」のほかは他剤と併用することが多い。

慎重投与

  • 心疾患のある高齢者、重篤な冠硬化症又は脳動脈硬化症のある患者[急激な利尿があらわれた場合、急速な血漿量減少、血液濃縮を来し、血栓塞栓症を誘発するおそれがある。]
  • 重篤な腎障害のある患者(「禁忌」及び「副作用」の項参照)
  • 減塩療法時[水分・電解質が欠乏し、脱水症状や低ナトリウム血症等があらわれやすくなる。](「副作用」の項参照)
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 肝障害のある患者[高カリウム血症が発現するおそれがある。]
  • 乳児[乳児は電解質バランスがくずれやすい。](「副作用」の項参照)

重大な副作用

  • 電解質異常(高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等):高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等の電解質異常があらわれることがあるので、異常が認められた場合には、減量又は休薬等の適切な処置を行うこと。
  • また、電解質異常に伴い、不整脈、全身けん怠感、脱力等があらわれることがあるので、このような場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 急性腎不全:急性腎不全(電解質異常を伴うことがある)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • ※※中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群):中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • カリウム保持性利尿薬であり、主として後部遠位尿細管と集合管のアルドステロン依存性Na-K交換部位においてアルドステロンに拮抗し、Na再吸収とK排泄を抑制し、その結果、Na、水の排泄促進とKの保持作用を示す。実験的腎性高血圧家兎では、血圧の下降と尿量の増加が認められ、尿中Na排泄量を増大し、K排泄量は軽度に減少した。腎血流量や糸球体ろ過値にはほとんど変化を示さず、またクレアチニンクリアランスにも影響しない。高カリウム血症を起こしやすい3)

有効成分に関する理化学的知見

  • 構造式:
  • 一般名:スピロノラクトン(Spironolactone)
  • 化学名:7α-Acetylsulfanyl-3-oxo-17α-pregn-4-ene-21,17-carbolactone
  • 分子式:C24H32O4S
  • 分子量:416.57
  • 性 状:白色〜淡黄褐色の微細な粉末である。クロロホルムに溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすく、メタノールに溶けにくく、水にほとんど溶けない。
  • 融 点:198〜207℃ 125℃の浴液中に挿入し、140〜185℃の間は1分間に約10℃、その前後は1分間に約3℃上昇するように加熱を続ける。


★リンクテーブル★
拡張検索食塩摂取制限・ヒドロクロロチアジド・スピロノラクトン負荷試験」「ヨウラクトン」「スピラクトン」「メルラクトン

食塩摂取制限・ヒドロクロロチアジド・スピロノラクトン負荷試験」

  [★]

sodium restriction-hydrochlorothiazide-spironolactone loading test
三者負荷試験


ヨウラクトン」

  [★] スピロノラクトン


スピラクトン」

  [★] スピロノラクトン


メルラクトン」

  [★] スピロノラクトン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡