ラクトミン

出典: meddic

lactomin
アタバニンビオスミンビオスミン配合ビオスリー配合ビオヂアスミンF-2ビオフェルミンビオフェルミン配合ビオラクトビフラミンフソウラクトミンラクトミンレベニンS
止しゃ剤,整腸剤


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/06 07:45:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • P-152 ワルファリンとラクトミン製剤との相互作用が疑われた 1 症例
  • 伊丹 計代,黒野 俊介,阪野 勝久,岡田 啓
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 11, 148, 2001-09-01
  • NAID 110002336947
  • 焼肉用若鶏生産におけるラクトミン添加飼料の肥育効果に関する研究
  • 楢崎 直佑 [他]
  • 大阪府立大学農業短期大学部研究と資料 (10), 32-34, 1964-01
  • NAID 40017524867

関連リンク

ビオフェルミンとは?ラクトミンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 おなかの調子をよくするお薬です。下痢や便秘に用います。 作用 このお薬は乳酸菌の仲間です。腸にやさしい善玉の ...
ラクトミン(腸内細菌叢の異常による症状を調整する薬 )について主な作用 副作用 用い方と注意点を説明します ラクトミンの詳細情報|ラクトミンなどお薬事典のここカラダ [元に戻す | + 拡大] ここカラダTOP > お薬事典 > ラクトミン
腸内細菌叢の異状による症状を調整する薬「ラクトミン(各社)」の説明。成分名、製品名、作用・副作用、用法・注意点など。 ... 乳酸菌や酪酸菌を含む製剤で、抗生物質や化学療法剤を服用したときに、腸内細菌叢のバランスがくずれて ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 活性生菌製剤

販売名

ビオスリー配合散

組成

有効成分

  • 1g中
      ラクトミン10mg
      酪酸菌  50mg
      糖化菌  50mg

    ビオスリー配合散1gとビオスリー配合錠2錠がほぼ等しい生菌数となるように調製している。

添加物

  • ポリビニルアルコール(完全けん化物)、ポビドン、バレイショデンプン、乳糖水和物

効能または効果

  • 腸内菌叢の異常による諸症状の改善

・ビオスリー配合散

  • 通常成人1日1.5〜3gを3回に分割経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

・ビオスリー配合錠

  • 通常成人1日3〜6錠を3回に分割経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

腸内細菌叢の正常化1)

  • 細菌性下痢症の乳幼児にビオスリー配合散を投与し糞便内細菌叢を検索したところ、ビフィズス菌は増加し、腸内細菌叢の改善度の指標とされる好気性総菌数に対する嫌気性総菌数の比率は有意に増加することが認められた。

共生による増殖性向上11)

  • 本剤の酪酸菌と乳酸菌の混合培養では、酪酸菌の菌数は単独培養時に比較し、約10倍に増加した。また、糖化菌培養ろ液を添加して培養するとき、乳酸菌の菌数は約10倍に増加した。

共生による整腸作用1) 12)

  • 本剤は、三種の活性菌の共生により、ヒト腸管内において増殖し、有害菌の発育を阻止して腸内細菌叢の正常化を図り整腸作用を発揮する。

共生による病原性細菌に対する抑制作用

  • 連続流動培養において、酪酸菌と乳酸菌を混合培養し、病原性細菌(大腸菌、腸炎ビブリオ菌、ディフィシール菌、ボツリヌス菌、MRSA)に対する拮抗作用を確認したところ、各菌の単独培養時より顕著に認められた。

一方、ビフィズス菌、ラクトバチルスに対しては抑制せず、共生関係を維持した。12)〜15)

  • 小児のサルモネラによる下痢症において、ビオスリー配合散を構成する菌株は、共生作用によりサルモネラ菌に対して抑制作用を有した。16)
  • 本剤の投与により内分泌系及びリウマチ性疾患由来の便通異常に対してBifidobacterium の増加、Clostridium perfringens の減少等が観察され、腸内細菌叢の正常化による症状改善が認められた。17)

有用菌の助長作用1) 18)〜20)

  • 本剤の投与によりBifidobacterium の助長作用が認められ、また、Bacillus mesentericus TO-Aの代謝産物にBifidobacterium の分裂促進作用が認められた。

有効成分に関する理化学的知見

ラクトミン(乳酸菌)

  • Streptococcus faecalis (Streptococcus faecalis T-110の生菌菌体、又はそれらの生菌菌体を含む培養物の乾燥粉末)

形態:

  • 双球菌又は単球菌

性状:

  • 白色〜わずかに黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがある。21)

酪酸菌

  • Clostridium butyricum (Clostridium butyricum TO-Aの生菌菌体、又はそれらの生菌菌体を含む培養物の乾燥粉末)

形態:

  • 桿菌

性状:

  • 白色〜わずかに灰褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがある。

糖化菌

  • Bacillus mesentericus (Bacillus mesentericus TO-Aの生菌菌体、又はそれらの生菌菌体を含む培養物の乾燥粉末)

形態:

  • 桿菌

性状:

  • 白色〜わずかに灰褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがある。21)


★リンクテーブル★
先読みビオヂアスミンF-2
リンク元止しゃ剤,整腸剤」「整腸剤」「レベニンS」「ビオフェルミン」「ビオスリー配合

ビオヂアスミンF-2」

  [★] 止しゃ剤,整腸剤


止しゃ剤,整腸剤」

  [★]

商品


整腸剤」

  [★]

  • 止瀉薬
  糖分解により乳酸で腸内を酸性にする
  →病原菌大腸菌の増殖阻止
  →腐敗発酵物のアンモニアの産生抑制
  下痢止め作用弱→止瀉薬併用
  ラクトミン
   antibiotic resistant lactobacillus(耐性乳酸菌ビオフェルミンR)
    抗生物質使用時に使う


レベニンS」

  [★] ラクトミン(ストレプトコッカス・フェカリスラクトバチルス・アシドフィルス)、ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム・ロンガム)

止しゃ剤,整腸剤


ビオフェルミン」

  [★] ラクトミン糖化菌


ビオスリー配合」

  [★]

止しゃ剤,整腸剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡