ラエンネック

出典: meddic

Laennec
たん白アミノ酸製剤
  • ヒト胎盤酵素分解物水溶性物質



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Effect of intravenous laennec on CCl4-induced liver injury in rats. Blood coagulation and fibrinolytic activity.:—BLOOD COAGULATION AND FIBRINOLYTIC ACTIVITY—
  • 大塚 邦子,笠原 多嘉子,小口 勝司
  • 昭和医学会雑誌 49(5), 454-458, 1989
  • Laennec (LAE) is a placenta preparation which has heretofore been used sub-cutaneously or intramuscularly to treat liver disease. The effects of intravenous preparation of LAE on CC1<SUB>4</S …
  • NAID 130001828635
  • 4塩化炭素誘発急性ならびに慢性肝障害に対するラエンネックの作用--静脈内と皮下投与による比較
  • 中山 貞男,山内 真由美,小口 勝司
  • 日本薬理学雑誌 94(2), 137-144, 1989
  • The effect of Laennec (human placenta hydrolysate) on CCl<SUB>4</SUB>-induced acute or chronic liver injury in rats was examined. In the acute liver injury induced by CCl<SUB>4</S …
  • NAID 130000759181
  • 正常ならびに4塩化炭素誘発肝硬変ラットの部分肝切除後の肝再生に対するヒト胎盤水解物(ラエンネック)の静脈および皮下投与による作用比較
  • 中山 貞男,児玉 恭子,小口 勝司
  • 日本薬理学雑誌 94(5), 289-297, 1989
  • The effect of human placenta hydrolysate (Laennec) on residual liver regeneration after about 70% partial hepatectomy (PH) in normal and CCl<SUB>4</SUB>-induced cirrhosis rats was examined …
  • NAID 130000759141

関連リンク

JBP(株式会社 日本生物製剤)は、最新の科学技術を駆使し、プラセンタが持つ成分・メカニズムのさらなる解明と、医療・健康・美容分野への有効活用を使命とするプラセンタ製剤のワールド・リーディング・カンパニーです。
プラセンタサプリメント「MD ポーサイン 100」と、美容外科で人気のプラセンタ注射薬についてご説明します。このサプリメントは、プラセンタ注射「ラエンネック」のメーカーによって製造されたサプリメントです。
ラエンネックの摂取方法や歴史などなど、ラエンネックについて紹介します。 ... ラエンネックってなんでしょうか? 私も最近までは知らなかったので、知らない人は多いのではないでしょうか。

関連画像

プラセンタ placentaラエンネックラエンネックについては  ラエンネック 転売 業者 のラエンネック です一般 小売 価格 15750 円 税込み

添付文書

薬効分類名

  • 肝機能改善剤
  • 肝予備能賦活剤

販売名

ラエンネック

組成

  • 本剤は、ヒト胎盤酵素分解物の水溶性物質を1管2mL中112mg含有する。

禁忌

  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

効能・効果

  • 慢性肝疾患における肝機能の改善

用法・用量

  • 通常成人1日1回2mLを皮下又は筋肉内に注射する。症状により1日2〜3回注射することができる。

慎重投与

  • アレルギー体質の患者

重大な副作用

ショック(頻度不明)

  • 本剤はヒト組織由来のタンパク・アミノ酸等を含有する製剤であるため、ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

肝再生促進作用2)3)

  • 正常ラット肝臓の70%を部分切除後、本剤を人用量より過剰に投与して肝重量を経時的に対照群と比較した結果、肝再生を有意に促進した。

肝細胞DNA合成促進作用2)

  • ラットの初代培養肝細胞を用いたin vitro実験系において、本剤を加えた群は、対照群に比較して有意なDNA合成促進を示した。また、ANITにより急性肝炎を惹起させたラットを用いたin vivo実験系において、肝臓組織を染色し、DNA合成期の肝細胞核の割合を評価した結果、本剤を人用量より過剰に投与した群は対照群に比較して有意にDNA合成促進を示した。

実験的肝障害抑制作用2)4)

  • ANITにより急性肝炎を惹起させたラットを用いたin vivo実験系で、本剤を人用量より過剰に投与した群は対照群と比較して血清中肝逸脱酵素(GPT、ALP、LAP、γ-GTP)及びビリルビン値を顕著に低下させた。
    また、四塩化炭素により急性肝炎及び慢性肝炎を惹起させたin vivo実験系で、本剤を人用量より過剰に投与した群は対照群と比較して血清中肝逸脱酵素(GPT、GOT)を顕著に低下させ、肝の病理組織学的にも肝障害改善を示した。

抗脂肝作用5)

  • 四塩化炭素により急性肝炎を惹起させたラットを用いたin vivo実験系において、前もって本剤を人用量より過剰に投与した群は対照群と比較して肝総脂質、肝総コレステロールを有意に低下させた。

肝線維増殖の抑制作用6)

  • 四塩化炭素を12週間連続投与して生じるラット肝の線維増殖に対して本剤を人用量より過剰に投与したとき抑制作用を有し、また、一旦増殖した間質結合織も吸収することが組織学的に確認された。

有効成分に関する理化学的知見

  • 本剤はヒト胎盤抽出物であり、種々の生理活性物質を含有している7)。しかし、本剤の有効成分を単一または数種の物質に特定することはできない。


★リンクテーブル★
リンク元たん白アミノ酸製剤
拡張検索ラエンネック肝硬変

たん白アミノ酸製剤」

  [★]

商品


ラエンネック肝硬変」

  [★]

Laennec's cirrhosis, Laennec cirrhosis
Laennec肝硬変ラエネック肝硬変萎縮性肝硬変




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡