ラウリル硫酸ジフェンヒドラミン

出典: meddic

ジフェンヒドラミン


ベナパスタ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

抗ヒスタミン剤の外用薬「ラウリル硫酸ジフェンヒドラミン」の説明。成分名、製品名、作用・副作用、用法・注意点など。 ... 体の外から入った異物に対して、過敏に反応する現象をアレルギーといい、体内のヒスタミンなどの物質 ...
ジフェンヒドラミン ラウリル硫酸塩 製品例 : ベナパスタ軟膏4% ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 鎮痛,鎮痒,収れん,消炎剤/外用抗ヒスタミン剤/外用抗ヒスタミン剤 PR 概説 作用 注意 効能 用法 副作用 概説 カユミをとる ...
医薬品情報 サイト イーファーマ(トップ) >品名索引(へ) >現表示ページ >薬効名索引(外皮用薬) 商品名 ベナパスタ軟膏4% (成分:ジフェンヒドラミン,ラウリル硫酸ジフェンヒドラミン)

関連画像

花粉症に効く薬ランキング(薬 株式会社フカイ|サーチS 12g 第

添付文書

薬効分類名

  • 外用抗ヒスタミン剤

販売名

  • ベナパスタ軟膏4%

組成

成分・含量(1g中)

  • ジフェンヒドラミンラウリル硫酸塩 40mg

添加物

  • グリセリン脂肪酸エステル、サラシミツロウ、シリコーン樹脂、ステアリン酸、ステアリン酸カリウム、ステアリン酸ポリエチレングリコール、セタノール、ソルビタン脂肪酸エステル、パラフィン、ブチルパラベン、プロピレングリコール、ポリオキシエチレンセチルエーテル、メチルパラベン、ラノリン、流動パラフィン
    その他の添加物として香料にエタノール、フェニルエチルアルコールを含有する

効能または効果

  • じん麻疹、湿疹、小児ストロフルス、皮膚そう痒症、虫さされ
  • 通常症状により適量を1日数回患部に塗布又は塗擦する。

薬効薬理

  • ヒスタミン皮膚反応1〜3)、マントー反応2)及び回虫体腔液反応2)の実験的皮膚反応における紅斑、膨疹、そう痒に対し抑制作用を示す。

有効成分に関する理化学的知見

○分子式

  • C17H21NO・C12H26O4S

○分子量

  • 521.75

○性状

  • ・白色〜黄褐色の固体又は粘稠な液体。
  • ・アセトニトリル、メタノール、エタノール(99.5)又はジエチルエーテルに極めて溶けやすく、水に極めて溶けにくい。


★リンクテーブル★
リンク元diphenhydramine laurylsulfate
関連記事ジフェンヒドラミン」「ヒドラ」「」「硫酸」「ラミン

diphenhydramine laurylsulfate」

  [★]

  • ラウリル硫酸ジフェンヒドラミン
diphenhydraminediphenhydramine citratediphenhydramine hydrochloridediphenhydramine salicylatediphenhydramine tannate

ジフェンヒドラミン」

  [★]

diphenhydramine
タンニン酸ジフェンヒドラミン diphenhydramine tannate塩酸ジフェンヒドラミン diphenhydramine hydrochlorideラウリル硫酸ジフェンヒドラミン diphenhydramine laurylsulfate
アレルミンアストフィリンレスミンエアーサロンパスカフコデNセキールデスパコーワトラベルミントラベルミン配合ハイシップパステルベナスミンベナパスタベナレスカルミンレスタミンレスタミンコーチゾンBenadryl
抗ヒスタミン薬
抗ヒスタミン剤


  • 古典的抗ヒスタミン薬



ヒドラ」

  [★]

hydraHydra
ヒドラ属Hydra属、(薬剤成分)イソニアジド


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

硫酸」

  [★]

sulfuric acid, sulfate
  • H2SO4。



ラミン」

  [★]

lamin
核ラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡