ラウエンシュタイン肢位

出典: meddic

Lauenstein  position

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ラウエンシュタイン法(らうえんしゅたいんほう)とは、股関節斜位撮影する肢位(関節の角度)のことである。ラウエンとも言う。 仰臥位(ぎょうがい。上を向いて寝た姿勢)で非健側を挙上した(持ち上げた)45
動態撮影は、正面像で股関節は外転位または内転位で撮影する。臼蓋形成不全や変形性股関節症などで関節適合性がよくなる肢位を確認して、骨きり術の適応を検討する。 <ラウエンシュタイン1法> 股関節正面においては寛骨臼の前 ...
ラウエン(らうえん)とは、ラウエンシュタイン法(股関節撮影の肢位)の略である。Lauenstein。 ... 働きながら取得できる!仕事に役立つ看護師のための資格情報サイト 看護師の資格辞典


★リンクテーブル★
関連記事タイ

タイ」

  [★]

(国名)Thailand, (魚)sea bream
ゴウシュウマダイヨーロッパヘダイ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡