ユーカリ油

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 繊維製品に発生する糸状菌に対する精油の抗菌効果
  • 角田 幸雄,下瀬 純子,達山 和紀,篠原 卓朗,江川 宏
  • 島根女子短期大学紀要 21, 87-91, 1983-03-31
  • 繊維製品を損傷する糸状菌の各種精油による発生阻止について,牛乳,日本酒,ソース,しょう油および海水の汚染物質付着糸を用いて実験を行った。また,JISZ 2911に規定された繊維製品試験用糸状菌,すなわち,Aspergillus niger, Chaetomium globosum, Myrothecium verrucaria,およびPenicillium citrinumに対する供試精油の抗菌性 …
  • NAID 110004782080

関連リンク

ユーカリオイルとは ユーカリオイルという名称 ユーカリオイル・ユーカリ精油というのは日本語の略称です。正しくはEucalyptus Essential Oilと言います。英語の略称はEucalyptus oil.精油とは揮発性の油。これに対して椿油 ...
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ユーカリ油の用語解説 - ユーカリ属の植物の葉,枝を水蒸気蒸留して得られる精油で,ユーカリプトール,ピネン,カンフェン,ゲラニオール,リモネン,シトロネラールなどのテルペンを多く ...

関連画像

 ユーカリオイル付の商品画像ユーカリ油 商品詳細 ユーカリ油 50mlヘナ+ユーカリ油は染毛力も

添付文書

薬効分類名

  • 含嗽剤

販売名

イソジンガーグル液7%

組成

  • イソジンガーグル液7%は、1mL中に下記の成分を含有する。

有効成分

  • ポビドンヨード 70mg(有効ヨウ素として7mg)

添加物

  • エタノール、l-メントール、サリチル酸メチル、濃グリセリン、サッカリンナトリウム水和物、リン酸水素ナトリウム水和物、クエン酸水和物、ユーカリ油、チモール

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤又はヨウ素に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防、口腔内の消毒
  • 用時15〜30倍(2〜4mLを約60mLの水)に希釈し、1日数回含嗽する。

慎重投与

(次の患者には慎重に使用すること)

  • 甲状腺機能に異常のある患者[血中ヨウ素の調節ができず甲状腺ホルモン関連物質に影響を与えるおそれがある。]

重大な副作用

  • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、不快感、浮腫、潮紅、蕁麻疹等)(0.1%未満)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

細菌に対する効果(in vitro

  • イソジンガーグルの20倍希釈液の殺菌効果は次のとおりであった1)
    (表1参照)
  • 本剤のうがい効果を判定する目的で口腔内疾患のないもの10例、口腔内に疾患のあるもの10例にブイヨンを用いた試験を行った。チオグリコレートブイヨンに被験者のうがい液を注入37℃24時間培養したところ菌の発育阻止効果が認められた2)

ウイルスに対する効果(in vitro

  • イソジンガーグルには殺ウイルス効果があり、次のとおりであった3)
    (表2参照)
    また、以下のウイルスに対しても十分な不活化効果を示した4〜7)
    (表3参照)

有効成分に関する理化学的知見



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡