ヤング率

出典: meddic

Young's modulus
Young率

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/25 16:16:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 微粒子衝突処理を施した生体用低ヤング率型チタン合金の機械的強度と骨折触性の変化
  • 大口 友里恵,赤堀 俊和,服部 友一 [他]
  • 日本金属学会誌 = Journal of the Japan Institute of Metals and Materials 78(4), 163-169, 2014-04
  • NAID 40020058097
  • 岩石のヤング率に関する考察 (特集 岩石力学)
  • 面心立方金属最密格子面内拡張転位の転位線形状と平均ヤング率による弾性定数決定
  • 武末 尚久,藤 昇一
  • 福岡大学理学集報 44(1), 21-25, 2014-03
  • NAID 110009759064

関連リンク

ヤング率・・・Young率 0.“ヤング率”・・・の前に。 基礎知識? 1.“ヤング率”って・・・? ヤング率って何? また難しいんちゃうの!・・・って,そんなことないよ。 2.実は簡単なヤング率。 そんなハズないやん!
ヤング率(英語:Young's modulus、縦弾性係数)は、弾性範囲で単位ひずみあたり、どれだけ応力が必要かの値を決める定数である。この名称はトマス・ヤングに由来する。 [ひずみ ε ]= [応力 σ ] / [ヤング率 E ] (フックの法則)より、
ヤング率(英語:Young's modulus、縦弾性係数)は、弾性範囲で単位ひずみあたり、どれだけ応力が必要かの値を決める定数である。この名称はトマス・ヤングに由来する。 [ひずみ ε ]= [応力 σ ] / [ヤング率 E ] (フックの法則)より、

関連画像

今回使用した2024の応力-ひずみ 3.ヤング率の載荷速度依存性 のヤング率と対数減衰率の変化ヤング率とは?ヤング率(弾性定数測定)もっと詳しく“ヤング率


★リンクテーブル★
リンク元Young率」「Young's modulus
関連記事

Young率」

  [★]

Young's modulus
ヤング率

Young's modulus」

  [★]

率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡