モルガネラ感染症

出典: meddic

Morganella infection


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

肺炎、尿路、腸管、胆道等の感染症起炎菌となる。多くのペニシリン系抗生剤は無効。 第二、第三世代のセフェム系が抗菌力を示す。 メモ9) セラチア:敗血症、髄膜炎、心内 膜炎等の起炎菌。多くのペニシリン、セフェムに耐性。 メモ10) プロテウス(モルガネラ、 ...

関連画像

セフェピム塩酸塩静注用1g「CMX 添付文書 ← 詳細の商品情報 ゲンタシン軟膏0.1%


★リンクテーブル★
リンク元Morganella infection
関連記事感染症」「感染」「

Morganella infection」

  [★] モルガネラ感染症


感染症」

  [★]

infectious disease
感染定着感染症法


  • 病原体から引き起こされる疾患
  • 感染が成立して、宿主に病気が発症した状態
→宿主が病原体を追い出そうとしている状態

新興感染症

再興感染症

地域別の感染症

参考になるリンク

  • 厚生労働省検疫所 - 感染症別情報トップ
  • 厚生労働省検疫所 - 国別感染症情報トップ
http://www.forth.go.jp/tourist/worldinfo/index.html
  • Centers for Disease Control and Prevention
http://www.cdc.gov/



感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡