モリブデンブルー

出典: meddic

molybdenum blue

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 沖縄島沿岸海水中リンの存在形態別分析並びに溶存リン酸イオンと栄養塩型微量金属の濃度相関
  • 伊藤 彰英,山口 真実,山田 亜矢子,新垣 輝生,可部 徳子,我那覇 翔子
  • 分析化学 = Japan analyst 59(12), 1097-1104, 2010-12-05
  • … 本研究では,イオン対形成メンブランフィルター捕集濃縮法を併用したモリブデンブルー法により沖縄島内3か所の沿岸海水中のリン化合物を2007年〜2008年にかけて2か月に一度測定を行い,「溶存態リン」,「粒子吸着態リン」,「酸難溶粒子態リン」,「全リン」の存在形態別濃度分布から沖縄沿岸の海域別の水質の特徴を考察した.その結果,人口密集地から離れた郊外域に位置する瀬底島試料と那覇市市街域に位 …
  • NAID 10026969040
  • フィルターチューブ濃縮法を用いるフローインジェクション分析法による鉄鋼中ヒ素の吸光光度定量
  • 渡辺 邦洋,大澤 剛士,岩田 純一,板垣 昌幸
  • 分析化学 55(4), 251-257, 2006-04-05
  • … 濃縮させ,テフロンフィルターチューブ(孔径1.0μm,内径1.5mm,外径2.0mm,長さ5cm)により捕集した.その沈殿を硝酸で溶出し,モリブデン酸アンモニウムと反応させ,アスコルビン酸で還元した.これにより生成したモリブデンブルー錯体の吸光度を840nmで測定した.リンはヒ素と同様の挙動を示すことから,リン酸,ヒ酸両者を含む検液について得た吸光度は,両者の濃度の和に対応する.一方,亜ヒ酸はヘテロポリ酸を生成しない.そこで …
  • NAID 110004729116

関連リンク

研究所トップ≫研究成果情報≫平成22年度 モリブデンブルー発色を利用したL-アスコルビン酸の分析法 [要約] リン・モリブデン酸錯塩の還元による発色を利用して、イチゴ等のL-アスコルビン酸(還元型ビタミンC)の濃度を測定できる。
栄養・生化学辞典 - モリブデンブルー法の用語解説 - リン酸の比色定量法の一つ. ... 今日のキーワード 朝鮮大学校 東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。
化学に詳しい方、モリブデンブルー法について教えていただきたいです。 モリブデンブルー法についてわからない点があるので教えていただきたいです。 まず リンモリブデン酸イオンの錯体がアスコルビン酸などで還元 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元molybdenum blue

molybdenum blue」

  [★]

モリブデンブルー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3