モリブデン

出典: meddic

molybdenum



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/10/05 13:54:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラテンアメリカの持続的農業のための土壌肥培管理技術の事例(8)ブラジルの赤色酸性土壌における肥沃性管理の手法(4)
  • 冨田 健太郎
  • 農業および園芸 86(10), 1020-1029, 2011-10
  • NAID 40019004077
  • 2.トカマク実験におけるタングステンの輸送および制御研究の進展(<小特集>核融合プラズマおよびダイバータにおけるタングステン研究の進展と課題)
  • 朝倉 伸幸,仲野 友英
  • プラズマ・核融合学会誌 87(9), 577-590, 2011-09-25
  • … 経験はまだ豊富とは言えず,そのプラズマ中での制御研究が望まれている.本章では,高温で高閉じ込め性能のトカマク・プラズマ実験(ASDEX-Upgrade,JT-60U,Alcator C-MOD,TEXTOR)で進められている,タングステン(およびモリブデン)の発生要因,周辺プラズマにおける遮蔽効果,コアプラズマでの蓄積とその抑制・制御研究,計測と評価方法,さらに実際にタングステン・タイルを設置し理解が進んだプラズマ材料相互作用研究,について最 …
  • NAID 110008723350

関連リンク

入手について 工業的にモリブデンは(融点が高いことから)溶融・凝固というプロセスで製造することが困難であるため、大きな素材を作ることが難しい(多くは粉末冶金的製法で製造)。また、加工性に乏しく、常温での圧延は ...
タングステン、モリブデンをはじめとするレアメタルに関して、粉末冶金法と精密加工技術でお客様ニーズにお応えします。原料からの一貫したモノヅクリ体制で、低コストでの大量生産から試作品などの小量多品種対応までお任せ ...

関連画像

写真1 二硫化モリブデン鉱フェロモリブデン Fe-Mo 名前  「モリブデングリス」ですモリブデンクロムモリブデンの美人ちゃん 何がモリブデンである

添付文書

薬効分類名

  • タンパクアミノ酸製剤

販売名

エネーボ配合経腸用液

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 牛乳タンパクアレルギーを有する患者〔本剤には牛乳由来のタンパク質が含まれているため,ショック,アナフィラキシーを引き起こすことがある.〕
  • イレウスのある患者〔消化管の通過障害がある.〕
  • 腸管の機能が残存していない患者〔水,電解質,栄養素などが吸収されない.〕
  • 高度の肝・腎障害のある患者〔肝性昏睡,高窒素血症などを起こすおそれがある.〕
  • 重症糖尿病などの糖代謝異常のある患者〔高血糖,高ケトン血症などを起こすおそれがある.〕
  • 先天性アミノ酸代謝異常の患者〔アシドーシス,嘔吐,意識障害などのアミノ酸代謝異常の症状が発現するおそれがある.〕


効能または効果

  • 一般に,手術後患者の栄養保持に用いることができるが,特に長期にわたり,経口的食事摂取が困難な場合の経管栄養補給に使用する.


  • 経口食により十分な栄養摂取が可能となった場合には,速やかに経口食にきりかえること.
  • 通常,標準量として成人には1日1,000〜1,667mL(1,200〜2,000kcal)を経管又は経口投与する.経管投与では本剤を1時間に62.5〜104mL(75〜125kcal)の速度で持続的又は1日数回に分けて投与する.経口摂取可能な場合は1日1回又は数回に分けて経口投与することもできる.
    ただし,通常,初期量は333mL/日(400kcal/日)を目安とし,低速度(約41.7mL/時間(50kcal/時間)以下)で投与する.以後は患者の状態により徐々に増量し標準量とする.なお,年齢,体重,症状により投与量,投与濃度,投与速度を適宜増減する.特に投与初期は,水で希釈して投与することも考慮する.


  • 本剤は,経腸栄養剤であるため,静脈内へは投与しないこと.


慎重投与

  • 短腸症候群の患者(下痢の増悪をきたすおそれがある.)
  • 急性膵炎の患者(膵炎が増悪するおそれがある.)
  • 水分の補給に注意を要する下記患者(下記の患者では水分バランスを失いやすい.)
  • 意識不明の患者
  • 口渇を訴えることのできない患者
  • 高熱を伴う患者
  • 重篤な下痢など著しい脱水症状の患者


薬効薬理

タンパク質

  • 本剤のタンパク質源は,アミノ酸補足効果と効率的利用を考慮し,乳タンパク質(乳清タンパク質と牛乳タンパク質)と大豆分離タンパク質を90.5:9.5の割合で配合したもので,250mL中13.5g(エネルギー構成比18%)を含有する.
  • NPC/N比(非タンパクカロリー/窒素比)は116(分析値に基づく)である.

炭水化物

  • 本剤の主な糖質源はデキストリンと精製白糖(ショ糖)で,250mL中39.6g(エネルギー構成比53%)を含有する.

脂質

  • 本剤の主な脂質源は高オレイン酸ヒマワリ油,ナタネ油と中鎖脂肪酸トリグリセリドで,250mL中9.6g(エネルギー構成比29%)を含有する.
    また,均一微細でかつ安定な懸濁液となっており,消化されやすい.
  • 魚油由来のEPA,DHAを含有し,ω3系,ω6系,ω9系列の脂肪酸をバランスよく含有している.

水分量

  • 本剤250mL中の水分量は203mLである.


★リンクテーブル★
先読みmolybdenum
リンク元微量元素欠乏症」「Mo
拡張検索モリブデン補酵素欠損症」「複合型モリブデン酵素欠損症」「モリブデン酵素

molybdenum」

  [★]


WordNet   license wordnet

「a polyvalent metallic element that resembles chromium and tungsten in its properties; used to strengthen and harden steel」
Mo, atomic number 42

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「モリブデン(金属元素;化学記号は『Mo』)」


微量元素欠乏症」

  [★]

deficiency of trace element
トレースエレメント欠乏症


完全経腸栄養 TPN 時にみられた欠乏症

  • Zn:亜鉛   :14-45日:皮疹(顔面、会陰部より始まる)、口内炎、脱毛、下痢、腹痛、発熱など
  • Cu:    :7ヶ月半 :白血球減少、貧血(トランスフェリン合成阻害による)、骨粗鬆症
  • Cr:クロム  :3年半  :高血糖、体重減少、運動麻痺、運動失調、血圧低下
  • Se:セレン  :1ヶ月  :筋肉痛、心筋症、爪床部の白色変化
  • Mn:マンガン :1年半  :嘔気、嘔吐、体重減少、成長阻害、皮膚炎、毛の脱色、血液凝固遅延、低コレステロール血症、骨の脱灰、筋力低下、運動失調
  • Mo:モリブデン:1年半  :頻脈、頻呼吸、中心性暗視野、夜盲症、易刺激性、意識障害、昏迷昏睡、倦怠感


Mo」

  [★] モリブデン

molybdenum

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「molybdenumの化学記号」


モリブデン補酵素欠損症」

  [★]

molybdenum cofactor deficiency
モリブデン


複合型モリブデン酵素欠損症」

  [★]

combined deficiency of the molybdoenzymes


モリブデン酵素」

  [★]

molybdenum enzyme, molybdoenzymes




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡