モメタゾン

出典: meddic

mometasone
フランカルボン酸モメタゾンフロ酸モメタゾン mometasone furoateフロ酸モメタゾン水和物 mometasone furoate hydrateフランカルボン酸モメタゾン水和物
アズマネックスナゾネックスフランカルボン酸モメタゾンフルメタマイセラNasonex
その他の呼吸器官用薬耳鼻科用剤


  • 糖質コルチコイド;強力な抗炎症作用;外用


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スギ花粉症初期療法におけるモメタゾンフランカルボン酸エステルの有効性
  • 安田 誠,呉本 年弘,武藤 陽子,浜 雄光,櫻井 弘徳,福島 一登,浅野 純志,久 育男
  • 耳鼻咽喉科免疫アレルギー 32(3), 203-210, 2014
  • … そこで今回我々はモメタゾンフランカルボン酸エステル(以下モメタゾン)を用いてスギ花粉症初期療法を行い,その効果を日本アレルギー性鼻炎標準QOL 調査票(JRQLQ No1)とピッツバーグ睡眠質問票(Pittsburg Sleep Quality Index PSQI)を用いて評価することとした。 …
  • NAID 130004697460
  • MS8-5 モメタゾンフランカルボン酸エステルのスギ花粉初期療法における有効性(MS8 アレルギー性鼻炎の治療,ミニシンポジウム,第63回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 安田 誠,武藤 陽子,和多田 美奈子,呉本 年弘,浜 雄光,福島 一登,浅野 純志,久 育男
  • アレルギー 62(9・10), 1294, 2013-10-25
  • NAID 110009797784
  • P-246 スギ花粉症に対する鼻噴霧用モメタゾンスプレーの有効性について : 経口ステロイド薬との比較(花粉症・アレルギー性鼻炎の薬物療法・免疫療法,ポスター発表,一般演題)
  • 唐木 將行,秋山 貢佐,唐木 りえ,森 望
  • アレルギー 62(3・4), 448, 2013-04-10
  • NAID 110009628061

関連リンク

フルメタとは?フランカルボン酸モメタゾンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:病気別版) ... 注意! すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う、「おかしいな」と ...
ナゾネックスとは?モメタゾンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 副腎皮質ホルモン外用剤

販売名

フランカルボン酸モメタゾン軟膏0.1%「イワキ」

組成

成分・含量(1g中)

  • モメタゾンフランカルボン酸エステル 1mg (0.1%)

添加物

  • サラシミツロウ、白色ワセリン、ステアリン酸プロピレングリコール、ヘキシレングリコール、pH調節剤

禁忌

(次の場合には使用しないこと)

  • 細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)[これらの疾患が増悪するおそれがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒の遅延及び感染のおそれがある。]
  • 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷[皮膚の再生が抑制され、治癒が遅延するおそれがある。]


効能または効果

  • 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、紅皮症、薬疹・中毒疹、虫さされ、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、多形滲出性紅斑、慢性円板状エリテマトーデス、扁平紅色苔癬、ジベル薔薇色粃糠疹、シャンバーグ病、肥厚性瘢痕・ケロイド、天疱瘡群、類天疱瘡、円形脱毛症


  • 通常、1日1〜数回、適量を患部に塗布する。
    なお、症状により適宜増減する。


重大な副作用

  • 眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障(頻度不明):眼瞼皮膚への使用に際しては眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意すること。大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、緑内障、後嚢白内障等があらわれることがある。


薬効薬理

生物学的同等性試験1)

  • 健康成人男子19名にフランカルボン酸モメタゾン軟膏0.1%「イワキ」、フランカルボン酸モメタゾンクリーム0.1%「イワキ」及びフランカルボン酸モメタゾンローション0.1%「イワキ」並びにそれぞれの標準製剤を単回経皮投与し、皮膚毛細血管収縮反応(皮膚蒼白化)を色彩色差計を用いて測定した。
    生物学的同等性判定のパラメータであるAUEC(皮膚蒼白化反応強度−時間曲線下面積)の対数変換データにより軟膏、クリーム及びローションをそれぞれの標準製剤と統計解析した結果、いずれの製剤も標準製剤との生物学的同等性が確認された。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • モメタゾンフランカルボン酸エステル(Mometasone Furoate)

化学名

  • (+)-9,21-Dichloro-11β,17α-dihydroxy-16α-methyl-1,4-pregnadiene-3,20-dione 17-(2-furoate)

分子式

  • C27H30Cl2O6

性状

  • 白色〜微黄白色の結晶性の粉末で、においはない。
    クロロホルムに溶けやすく、1,4-ジオキサンにやや溶けやすく、メタノール又はエタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルに極めて溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みmometasone furoate hydrate」「mometasone furoate
リンク元マイセラ
拡張検索フロ酸モメタゾン水和物」「フランカルボン酸モメタゾン水和物」「フロ酸モメタゾン
関連記事メタゾン

mometasone furoate hydrate」

  [★]

mometasonemometasone furoate

mometasone furoate」

  [★]

mometasonemometasone furoate hydrate

マイセラ」

  [★] モメタゾンフランカルボン酸エステル

鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤

フロ酸モメタゾン水和物」

  [★]

mometasone furoate hydrate
モメタゾンフランカルボン酸モメタゾン水和物


フランカルボン酸モメタゾン水和物」

  [★]

mometasone furoate hydrate
モメタゾンフロ酸モメタゾン水和物

フロ酸モメタゾン」

  [★]

mometasone furoate
モメタゾンフランカルボン酸モメタゾン

メタゾン」

  [★]

methasone
メタドン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡