モサプリド

出典: meddic

mosapride
クエン酸モサプリド mosapride citrate
ガスモチン
セロトニン受容体
  • 健胃薬


  • 選択的セロトニン5-HT4受容体アゴニスト



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/01 12:20:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 非びらん性胃食道逆流症に対するクエン酸モサプリドの効果
  • 平位 知久,福島 典之,宮原 伸之 [他],三好 綾子,有木 雅彦
  • 耳鼻咽喉科臨床 108(4), 311-316, 2015
  • Gastroesophageal reflux disease (GERD) has been known to cause pharyngeal symptoms such as globus pharyngeus, cough, hoarseness and swallowing disturbance. Non-erosive reflux disease (NERD) is thought …
  • NAID 130005061537
  • クエン酸モサプリド服用は食後血漿GLP-1・血清インスリン濃度を上昇させ消化管甘味受容体発現を増加させる (特集 生活習慣と肝・胆疾患)
  • 丸岡 大介,新井 誠人,沖元 謙一郎 [他]
  • 消化器内科 58(5), 682-687, 2014-05
  • NAID 40020113828
  • クエン酸モサプリド併用による腸管洗浄液減量の試み (特集 患者にやさしい大腸内視鏡検査の工夫)
  • 田近 正洋,丹羽 康正,田中 努 [他]
  • 消化器内科 58(4), 462-469, 2014-04
  • NAID 40020076387

関連リンク

ガスモチン. モサプリド (Mosapride) は、代表的な胃腸薬であり、胃腸管神経に働いて 胃腸の運動を活発にし、吐き気、嘔吐、食欲不振、膨満感、胸やけなどの症状を改善 する。クエン酸塩が「ガスモチン」の商品名で大日本住友製薬より発売されている。
ガスモチンとは?モサプリドの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 消化管運動機能改善剤

販売名

ガスモチン錠5mg

組成

成分・含量

  • 1錠中モサプリドクエン酸塩水和物をモサプリドクエン酸塩として5mg

添加物

  • 乳糖水和物,トウモロコシデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,低置換度ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,軽質無水ケイ酸,ヒプロメロース,マクロゴール6000,酸化チタン,タルク

効能または効果

  • ○慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけ,悪心・嘔吐)
     
    ○経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助
  • <経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助の場合>
     
    塩化ナトリウム,塩化カリウム,炭酸水素ナトリウムおよび無水硫酸ナトリウム含有経口腸管洗浄剤(ニフレック配合内用剤)以外の経口腸管洗浄剤との併用による臨床試験は実施されていない.〔「臨床成績」の項参照〕

○慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけ,悪心・嘔吐)

  • 通常,成人には,モサプリドクエン酸塩として1日15mgを3回に分けて食前または食後に経口投与する.

○経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助

  • 通常,成人には,経口腸管洗浄剤の投与開始時にモサプリドクエン酸塩として20mgを経口腸管洗浄剤(約180mL)で経口投与する.また,経口腸管洗浄剤投与終了後,モサプリドクエン酸塩として20mgを少量の水で経口投与する.
  • <経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助の場合>
     
    経口腸管洗浄剤の「用法・用量」および「用法・用量に関連する使用上の注意」を必ず確認すること.

重大な副作用

劇症肝炎,肝機能障害,黄疸

いずれも0.1%未満

  • 劇症肝炎,著しいAST(GOT),ALT(GPT),γ-GTPの上昇等を伴う重篤な肝機能障害,黄疸があらわれることがあり,死亡に至った例もあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には,直ちに投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬効薬理

臨床薬理

  • 健康成人9)および慢性胃炎患者10)を対象とした胃排出試験において,本剤5mg 1回投与で胃排出促進作用を示す.

上部消化管運動促進作用

胃,十二指腸運動促進作用11)

  • 用量依存的に,食後期の胃,十二指腸運動促進作用を示す(イヌ).

胃排出促進作用12)

  • 液体物の胃排出促進作用(マウス,ラット)および固形物の胃排出促進作用(ラット)を示す.なお,1週間の反復投与で胃排出促進作用は減弱する(ラット).

下部消化管運動促進作用

結腸運動および内容物輸送促進作用13,14)

  • 用量依存的に結腸運動および内容物輸送促進作用を示す(モルモット).

結腸内の洗浄増強効果および水分重量減少作用(経口腸管洗浄剤併用時) 13)

  • 経口腸管洗浄剤(ニフレック配合内用剤)投与による結腸内の洗浄効果を増強し,さらに結腸内の水分重量を減少する(モルモット).

作用機序11,12,14)

  • 本剤は選択的なセロトニン5-HT4受容体アゴニストであり,消化管内在神経叢に存在する5-HT4受容体を刺激し,アセチルコリン遊離の増大を介して上部および下部消化管運動促進作用を示すと考えられている.

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • モサプリドクエン酸塩水和物
    Mosapride Citrate Hydrate

化学名

  • 4-Amino-5-chloro-2-ethoxy-N-{[(2RS)-4-(4-fluorobenzyl)morpholin-2-yl]methyl}benzamide monocitrate dihydrate

分子式

  • C21H25ClFN3O3・C6H8O7・2H2O

分子量

  • 650.05

分配係数

  • 9.1×102(クロロホルム/水系溶媒,pH7.0,室温)

性状

  • 白色〜帯黄白色の結晶性の粉末である.N,N-ジメチルホルムアミドまたは酢酸(100)に溶けやすく,メタノールにやや溶けにくく,エタノール(99.5)に溶けにくく,水にほとんど溶けない.N,N-ジメチルホルムアミド溶液(1→20)は旋光性を示さない.


★リンクテーブル★
先読みmosapride citrate
リンク元gastrointestinal pseudoobstruction」「mosapride
拡張検索クエン酸モサプリド

mosapride citrate」

  [★]

mosapride


gastrointestinal pseudoobstruction」

  [★]

pseudo-bstruction of intestine

QB.A-303
  • 強皮症、アミロイドーシス、糖尿病、甲状腺機能低下症、パーキンソン病、筋ジストロフィー、先天性巨大結腸症
  • 治療:モサプリド(セロトニンアゴニスト,(ガスモチン))、メトクロプラミド(抗ドパミン薬, (プリンペラン))


mosapride」

  [★]

モサプリド

mosapride citrate

クエン酸モサプリド」

  [★]

mosapride citrate
モサプリド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡