モキサベリン

出典: meddic

moxaverine
オイパベリン eupaverine
  • パパベリンの誘導体?
  • ホスホジエステラーゼ阻害薬。
  • 機能性胃腸薬(鎮痙薬)として用いられるが、日本で販売されていない、はず。

参考

  • 1.
[display]http://www.genome.jp/dbget-bin/www_bget?dr_ja%3AD07089
  • 2.
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Moxaverine


関連リンク

D07089 モキサベリン D08238 モキサベリン塩酸塩. A03AE セロトニン受容体作用薬. A03AE01 アロセトロン. D07129 アロセトロン D02829 アロセトロン塩酸塩, 5-HT3- receptor antagonist [HSA:3359 9177 170572 200909 285242] [KO:K04819] ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リン」「ベリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ベリン」

  [★]

炭酸水素ナトリウム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡