モイレングラハト法

出典: meddic

Meulengracht method
黄疸総ビリルビン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

その主な原因は検査に用いる方法・試薬の差であり、同じ施設内でも緊急検査と ルーチン検査で測定法がかわるため値もかわることがあります。 施設間差の程度は 項目 ...... 昔使用された黄疸指数「モイレングラハト」は廃れました)。血中総ビリルビン値 は、正常 ...
国試過去問, 「088D020」「086B065」「082B008」. リンク元, 「Gilbert症候群」「 conjugated hyperbilirubinemia」「CGD」「モイレングラハト法」「レプトスピラ性黄疸」. 関連記事, 「症候群」「Johnson」「Johns」「群」「Johnson症候群」 ...


★リンクテーブル★
先読み黄疸」「総ビリルビン
リンク元Meulengracht method
関連記事」「ハト

黄疸」

  [★]

jaundice (prejndiceと似ている?), choloplania
icterus
ビリルビン新生児黄疸


  • 基準値:総ビリルビン(TB) 0.2-1.2 mg/dl
総ビリルビンが2.0 mg/dl を超えると肉眼的に黄疸が認められる

黄疸の原因 (内科診断学 第2版)

間接ビリルビン優位 産生過剰 網内系赤血球破壊 先天性溶血性貧血
後天性溶血性貧血
血管内溶血 発作性夜間血色素尿症
寒冷凝集素症
血液型不適合溶血
血栓性血小板減少性紫斑病
骨髄内無効造血 シャントビリルビン血症
悪性貧血
肝臓摂取障害 シャント形成 肝硬変
抱合障害 Crigler-Najjar症候群(I,II型)
Gilbert症候群
直接ビリルビン優位 排泄障害 Rotor症候群
Dubin-Johnson症候群
肝細胞障害 急性肝炎
慢性肝炎
肝硬変
胆管障害 肝内胆汁うっ滞 原発性胆汁性肝硬変
原発性硬化性胆管炎
薬物性胆汁うっ滞
閉塞性黄疸


jaundice
付録16


総ビリルビン」

  [★]

total bilirubin, T-Bil, TB
ビリルビン

意義

単位

  • 1 μmol/L = 0.058 mg/dl

基準値

  • 0.2-1.0 mg/dL(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.13)
  • 5.1-22μmolL, 0.3-1.3 mg/dl (HIM.A-4)

総ビリルビンの異常値と黄疸(LAB.568)

黄疸の程度

  • 潜在的黄疸:1-2 mg/dl : 17.2-34.5 μmol/l
  • 軽度黄疸:2-10 mg/dl : 34.5-172.4 μmol/l
  • 中程度黄疸:10-20 mg/dl : 172.4-344.8 μmol/l
  • 高度黄疸:20mg/dl以上 : 344.8 μmol/l

黄疸の種類

  • 閉塞性黄疸
  • 不完全閉塞:10-15 mg/dl : 172.4-258.6 μmol/l
  • 完全閉塞:20-30 mg/dl : 344.8-517.2 μmol/l
  • 肝細胞性黄疸:1-70 mg/dl : 17.2-1206.9 μmol/l
  • 溶血性黄疸:5 mg/dlを超えることはまれ : 86.2 μmol/l

肝機能障害のマーカーとして

  • AST, ALTが最大値を示した1週間後に最大値をしめす。急性期のマーカーとしては使えない。(QB.B-264)


Meulengracht method」

  [★] モイレングラハト法

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


ハト」

  [★]

pigeondove
ハト目ハト科ドバト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡