メルケル円板

出典: meddic

Merkel disk
meniscus tactus
触覚円板 tactile disk、無被胞触覚小体、メルケル小体 Merkel corpuscle


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

かなり、気合が入ってます。 メルケル細胞が触覚を受容するためにピエゾが必要だということがわかっ ... メルケル円板-meddic メルケル細胞が圧を感知して感覚 [図736]メルケル細胞とその触覚 2012年2月-レイノ日記帳
は,狭義のメルケル細胞と神経終末であるメルケル触覚円板が一体となったものである.表 には機械受容 器の特性による分類を,図 には受容器の特性をまとめたものを示す. 表 皮膚感覚受容器の分類 順応遅い 順応はやい 静圧力 .1 2 ...
受容器の場所 「新マルは表で自由に蹴る」 真皮(新)→マイスネル小体(マ) ルフィニ小体(ル) 表皮(表)→自由神経終末(自由) メルケル触覚円板(蹴る) のこりの皮下はファーテルパチニ K@N


★リンクテーブル★
リンク元メルケル小体

メルケル小体」

  [★]

Merkel corpuscle
メルケル円板




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡