メル

出典: meddic

mel

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/21 17:52:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • メールの設定・送受信 (特集 まだ間に合う! スマホ入門) -- (これで安心!スマホのツボ)
  • 戦後における『少年倶楽部』の誌面構成と読者の様相
  • 田中 卓也
  • 共栄大学研究論集 (11), 121-138, 2013-03-31
  • … 彼らは立身出世による進学意識、勤勉かつ真面目であり国家に奉公できる少年像をメルクマールに、投書欄に集い次第に読者共同体を形成していった。 …
  • NAID 110009559719
  • Handy Scissors:悪性文書ファイルに埋め込まれた実行ファイルの自動抽出ツール
  • 三村 守,田中 英彦
  • 情報処理学会論文誌 54(3), 1211-1219, 2013-03-15
  • 今日,機密情報や個人情報の搾取を目的とする標的型攻撃は,多くの組織にとって脅威である.標的型攻撃に利用されるマルウェア本体が文書ファイルに埋め込まれた場合には,発見・解析はより困難となる.標的型メールに添付された不審な文書ファイルの動作を解析するためには,文書ファイルから,埋め込まれた実行ファイル(マルウェア本体)を抽出する必要がある.しかしながら,脆弱性を利用した悪意あるコードであるexploi …
  • NAID 110009552608

関連リンク

Information. 2011.8.10. 夏コミ表紙 夏コミ情報です。描き下ろし+商業イラスト再録 のイラスト集、フルカラー16Pの500円。 同人誌ではいつも半裸の少女ばかり描いてます が、今回もほとんどそんな感じ! 小部数だけど委託も予定してます。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

販売名

チアプリド塩酸塩錠25mg「アメル」

組成

有効成分

  • 1錠中、日局チアプリド塩酸塩27.8mg(チアプリドとして25mg)

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、アミノアルキルメタクリレートコポリマーE、ヒプロメロース、タルク

禁忌

  • プロラクチン分泌性の下垂体腫瘍(プロラクチノーマ)の患者〔抗ドパミン作用によりプロラクチン分泌が促進し、病態を悪化させるおそれがある。〕

効能または効果

  • ○脳梗塞後遺症に伴う攻撃的行為、精神興奮、徘徊、せん妄の改善
  • ○特発性ジスキネジア及びパーキンソニズムに伴うジスキネジア
  • チアプリドとして、通常成人1日75mg〜150mgを3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    パーキンソニズムに伴うジスキネジアの患者では、1日1回、25mgから投与を開始することが望ましい。

脳梗塞後遺症の場合

  • 本剤の投与期間は、臨床効果及び副作用の程度を考慮しながら慎重に決定するが、投与6週で効果が認められない場合には投与を中止すること。

慎重投与

  • 重篤な循環器障害のある患者〔血圧低下があらわれやすい。〕
  • QT延長のある患者〔QT延長が悪化するおそれがある。〕
  • QT延長を起こしやすい患者〔QT延長が発現するおそれがある。〕
  • 著明な徐脈のある患者
  • 低カリウム血症のある患者 等
  • 腎障害のある患者〔高い血中濃度が持続するおそれがある。〕
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 褐色細胞腫の疑いのある患者〔類似化合物であるスルピリドの投与により急激な昇圧発作があらわれたとの報告がある。〕
  • 脱水・栄養不良状態等を伴う身体的疲弊のある患者〔悪性症候群(Syndrome malin)が起こりやすい。〕

重大な副作用

悪性症候群(Syndrome malin)

(頻度不明)

  • 悪性症候群があらわれることがあるので、無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発症時には、白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある。
    なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡した例が報告されている。

昏睡

(頻度不明)

  • 昏睡があらわれることがある。このような症状が発現した場合には投与を中止すること。

痙攣

(頻度不明)

  • 痙攣があらわれることがある。このような症状が発現した場合には投与を中止すること。

QT延長、心室頻拍

(頻度不明)

  • QT延長、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ドパミンD2受容体を遮断しアセチルコリン遊離を促進することにより神経伝達機能を改善させる。3)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • チアプリド塩酸塩(Tiapride Hydrochloride)

分子式

  • C15H24N2O4S・HCl

分子量

  • 364.89

化学名

  • N-[2-(Diethylamino)ethyl]-2-methoxy-5-(methylsulfonyl)benzamide monohydrochloride

性状

  • 白色〜微黄白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    水に極めて溶けやすく、酢酸(100)に溶けやすく、メタノールにやや溶けやすく、エタノール(99.5)に溶けにくく、無水酢酸に極めて溶けにくい。
    0.1mol/L塩酸試液に溶ける。


★リンクテーブル★
拡張検索アミノメルク」「メルミトイデア上科」「メルブラール

アミノメルク」

  [★]

L-イソロイシンL-バリンL-ロイシン


メルミトイデア上科」

  [★]

Mermithoidea
Mermithoidea上科


メルブラール」

  [★] イコサペント酸エチル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡