メニール鞭毛虫

出典: meddic

Chilomastix mesnili


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • THE PREVALENCE OF INTESTINAL PROTOZOA IN NAIVASHA, KITUI, MACHAKOS, TAVETA AND NANDI HILLS AREAS IN KENYA*
  • Iseki Motohiro,Hayashi Kaoru,Gatika Simon M.,Siongok T.K. Arap
  • 日本熱帯医学会雑誌 11(3), 249-256, 1983-12-15
  • 1980年5月から11月の間にケニアのNaivasha,Kitui,M achakos,Taveta及びNandi Hillsの住民2,114人から採取した糞便についてホルマリン・エーテル法により腸管寄生原虫のシストの検査を行い感染状況を調査した。その結果,赤痢アメーパは31.8%, 大腸アメーパは52.3%と極めて高率を示し,その他は小形アメーパ4.8%,ヨードアメーパ8.7%,ランブル鞭毛虫8 …
  • NAID 120001664877

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索メニール鞭毛虫属
関連記事鞭毛虫」「」「毛虫」「鞭毛

メニール鞭毛虫属」

  [★]

Chilomastix
キロマスティクス属Chilomastix属


鞭毛虫」

  [★]

mastigoteflagellateMastigophoraeuglenoid
ユーグレナ属鞭毛藻鞭毛状鞭毛虫類鞭毛虫亜門ユーグレナ藻


虫」

  [★]

wormbug
寄生虫バグ

毛虫」

  [★]

caterpillar
イモムシ


鞭毛」

  [★]

flagellum, flagella





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡