メニン

出典: meddic

和文文献

  • シノメニンの心臓イオンチャネルと大動脈血管への薬理作用―漢方薬(多成分複合薬)の加齢的特徴―
  • 【図書紹介】『吐き気  ある強烈な感覚の理論と歴史』 W・メニングハウス著 竹峰義和、知野ゆり、由比俊行 訳 法政大学出版局 二〇一〇年

関連リンク

多発性内分泌腺腫瘍症と遺伝子 多発性内分泌腺腫瘍症の場合どの遺伝子に変異がおこっているか、すでに解明されています。多発性内分泌腺腫瘍症1型ではメニン(MENIN)と名づけられた遺伝子に変異が認められます。メニンは癌抑制 ...
メニンは多発性内分泌腺腫症1型の責任遺伝子men1の遺伝子産物で、副腎腫瘍や副甲状腺腫瘍を構成する腺腫細胞の核内に存在する。メニンはproto-oncogeneであるJun Dや転写因子NF-kappa Bに結合し、その機能を阻害することが報告 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索フラボバクテリウム・メニンゴセプチカム

フラボバクテリウム・メニンゴセプチカム」

  [★]

Flavobacterium meningosepticum
クリセオバクテリウム属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡