メトヘキシトン

出典: meddic

関連リンク

メトヘキシトンは麻薬作用があり、電気ショック療法(以下、 ECT )では最も頻繁に使用される。しかし、不足と、不安定な有効性から、現在は ECT に対して異なる反応を見せる、麻酔効果のある他の薬に頼らざるを得ない。
メトヘキシトン (methohexitone) 10mg/kgiv 外科麻酔 5 10 ペントバルビタール (pentobarbitone) 40-50mg/kgip 不動化/麻酔 20-40 120-180 プロポフォール (propofol) 26mg/kgiv 外科麻酔 5-10 10-15 チオペンタール (thiopentone) 30-40mg ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元メトヘキシタール

メトヘキシタール」

  [★]

methohexital
メトヘキシタールナトリウム methohexital sodium
Brevital
メトヘキシトン静脈麻酔薬






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡